手間なくサイト全体を常時SSL化することができるWordPressプラグイン「Really Simple SSL」

手間なくサイト全体を常時SSL化することができるWordPressプラグイン「Really Simple SSL」

手間なくサイト全体を常時SSL化することができるWordPressプラグイン「Really Simple SSL」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 一式98,000円~の格安プランをご用意!Web制作お任せください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Really Simple SSLは、サイト全体を常時SSL化することができるWordPressプラグインです。

サイトを常時SSL化するには結構面倒な手順を踏まなくてはいけませんが、Really Simple SSLはそんな面倒な設定を自動的に行ってくれるプラグインです。

なお、事前にSSL証明書は準備する必要があります。利用しているサーバーで申請を行ってください。ちなみにエックスサーバーなら、SSL証明書は無料で利用可能です。

スポンサードリンク

Really Simple SSLのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. Really Simple SSLをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Really Simple SSLを有効化します。

Really Simple SSLの設定

プラグインを有効化すると、以下のようなメッセージが表示されます。

SSL に移行する準備がほぼ完了しました。

SSL に移行する準備がほぼ完了しました。
一部の項目は自動実行できません。移行前に以下をご確認ください。

  • .css および .js ファイル内からの HTTP 参照: http:// をすべて // に変更してください
  • SSL 証明書のない画像やスタイルシート、スクリプト: 削除するか、自身のサーバーに移動してください。

また、プロ版の自動スキャンにこれを処理させ、プレミアムサポートと HSTS を含むセキュリティ強化を入手することもできます。

CSSやJavaScriptファイル内でURLを指定している場合は、「http」を「https」に変更しておきます。また、外部ファイルをhttpで読み込んでいる場合は、そちらもhttpsに変更する必要があります。

準備ができたら、[はい、SSLを有効化します]をクリックしてプラグインを有効化します。Really Simple SSLを有効化すると、以下の点が変更されます。

  • [設定] – [一般]内のURLをhttpsに変更
  • .htaccessにリダイレクト処理を追記
  • 画像などのURLはJavaScriptで置換

[設定] – [SSL]にアクセスすると、細かい設定を行うことができます。まず、[設定]タブでは、サイトの状態が確認できます。

設定タブ

[セッティング]タブでは、Really Simple SSLの詳細設定を行います。

Really Simple SSLの詳細設定

.htaccess ファイルの編集を中止する プラグインによる.htaccessの編集を中止
混在コンテンツを自動置き換え ページ内の画像などをhttpsに置き換え
JavaScript による SSL への転送を有効化 .htaccessではなく、JavaScriptでhttpsへ転送
デバッグ デバッグを有効化

あとがき

プラグインを有効化するだけで、ほぼ何もしなくてもサイトをSSL化できちゃいますね。

Googleも推奨していますし、常時SSL化の波は今後も拡大していくと予想されます。検索エンジンのランキング要因として重要度が上がれば、サイトをSSL化するのは当たり前の世の中になるかもしれません。

Really Simple SSLを使えば、知識がなくてもサイトを常時SSL化できるので、サイトをSSL化したいけど手順が難しくてできなかった、という方はぜひお試しください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。