固定ページをRSSフィードに出力することができるWordPressプラグイン「RSS Includes Pages」

固定ページをRSSフィードに出力することができるWordPressプラグイン「RSS Includes Pages」

固定ページをRSSフィードに出力することができるWordPressプラグイン「RSS Includes Pages」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • ベテランカードホルダーが厳選したおすすめのクレジットカード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS Includes Pagesは、固定ページRSSフィードに出力することができるプラグインです。

通常、固定ページはRSSフィードには出力されません。デフォルトでは、投稿のみがRSSフィードに出力されます。

RSS Includes Pagesをインストールすると、固定ページを公開した時にRSSフィードに出力されるようになります。

スポンサードリンク

RSSフィードとは

Webサイトが更新情報などをRSS(RDF Site Summary/Rich Site Summary)形式のデータを提供すること。また、提供されたRSSデータ。

RSSはXMLベースのデータ形式の一種で、サイト内の新着記事の一覧や個々の記事の更新日や本文の要約などが含まれる。RSSリーダーと呼ばれるクライアントソフトを使って受信する。RSSリーダーのみで複数のサイトの更新状況がわかるため、すばやく情報収集することができる。

ブログでは標準でRSSフィードに対応しており、ブログの普及とともに一般のWebサイトでもフィードを提供するところが増えている。通常のWebサイトからRSSを作成する「MyRSS.jp」や、RSSフィードに自動的に広告を挿入するRSS広告社の広告システムなども登場している。

via IT用語辞典

RSS Includes Pagesのインストール

インストール手順は、以下の通りです。

  1. RSS Includes Pagesをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/pluginsにアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、RSS Includes Pagesプラグインを有効化します。

RSS Includes Pagesの設定

RSS Includes Pagesでは、設定は特に必要ありません。プラグインを有効化したら、固定ページがRSSフィードに出力されるようになります。

あとがき

インストールするだけでいいので楽ですね。

カスタム投稿タイプをRSSフィードに出力したい場合は、WordPressでカスタム投稿タイプの記事もRSSに配信させる方法をご参照ください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。