WordPressサイトを静的HTMLに変換することができるWordPressプラグイン「StaticPress」

WordPressサイトを静的HTMLに変換することができるWordPressプラグイン「StaticPress」

WordPressサイトを静的HTMLに変換することができるWordPressプラグイン「StaticPress」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • ベテランカードホルダーが厳選したおすすめのクレジットカード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

StaticPressは、WordPressサイトをまるっと静的HTMLサイトに変換することができるWordPressプラグインです。

WordPressはデータベース内にコンテンツを保存し、ページを表示する際にデータベースと通信をしてコンテンツを呼び出しています。静的サイトの方がデータベースとの通信がない分、サイトの表示速度は速くなります。

WordPressを使って制作されたサイトであっても、動的にページを生成する必要がないという場合は、静的HTMLに変換することで表示速度の向上が期待できます。

スポンサードリンク

StaticPressのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. StaticPressをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、StaticPressを有効化します。

StaticPressの設定と静的HTMLの生成

管理画面で[StaticPress] – [StaticPress設定]にアクセスして、StaticPressの設定を行います。

StaticPressの設定

静的サイトURL 静的サイトのURL
出力先ディレクトリ (ドキュメントルート) 静的ページの出力先ディレクトリ
(オプション) BASIC 認証 ユーザー名 ベーシック認証をかける場合のユーザー名
(オプション) BASIC 認証 パスワード ベーシック認証をかける場合のパスワード
(OPTION) Request Timeout タイムアウトの時間

設定が完了したら、[StaticPress] – [StaticPress]にアクセスして[再構築]をクリックします。

「出力先ディレクトリ」で設定したディレクトリ内にHTMLファイルが出力されます。「静的サイトURL」で設定したURLにアクセスすると、静的HTMLのサイトを表示することができます。

あとがき

以前、HTMLファイルをWordPressテーマに変換するHTML To WordPressというサービスを紹介しましたが、その逆パターンです。ほとんど変化のないサイトでは、静的HTML化しておくと良いかもしれませんね。

そもそも、そういうサイトはWordPressで作らなければいいという意見もあるかもしれませんが、お気に入りのテーマが見つかったり、メンテはWordPressで行いたいという場合には、とても役立つプラグインだと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。