スクロールについてくるウィジェットを簡単に設置できるWordPressプラグイン「Strx Magic Floating Sidebar Maker」

スクロールについてくるウィジェットを簡単に設置できるWordPressプラグイン「Strx Magic Floating Sidebar Maker」

スクロールについてくるウィジェットを簡単に設置できるWordPressプラグイン「Strx Magic Floating Sidebar Maker」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • Youtube動画変換・ダウンロードおk!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、スクロール追従型の広告をサイドバーに設置する方法という記事をエントリーしましたが、スクロール追従型のウィジェットを簡単に設置できるプラグインがありましたので紹介します。

Strx Magic Floating Sidebar Makerというプラグインを使えば、面倒な Javascript の追加など必要なく、簡単にスクロール追従型のウィジェットを設置することができます。

スポンサードリンク

Strx Magic Floating Sidebar Makerのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. Strx Magic Floating Sidebar Makerをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Strx Magic Floating Sidebar Makerプラグインを有効化します。

Strx Magic Floating Sidebar Makerの設定

設定は、管理画面の [設定] – [Strx Floating Sidebar] で行います。

まずは、「Content Selector」と「Sidebar Selector」で、メインコンテンツの ID と追従させたい要素の ID を設定します。

Strx Floating Sidebar Settings

Content Selector

メインコンテンツ部分の ID を入力します。デフォルトテーマである Twenty Twelve は、メインコンテンツの ID が content なのでこのままでも動きます。

Sidebar Selector

追従させたい要素の ID を入力します。Twenty Twelve で、サイドバーすべてを追従させたい場合は「#secondary」と入力します。

 

使っているテーマによって ID は違うと思いますので、自分の環境に合わせて設定する必要があります。この設定が間違っていると、ちゃんと追従してくれません。

それから、デフォルトのままだと要素がついてくるスピードが非常に遅いので、以下の箇所も変更しておいた方がいいです。この設定は、スクロールされてから指定した要素がついてくるまでの時間です。数字が小さいほど素早くついてくるようになります。

スクロールスピード

ウィジェットの追加

例えば、設定の「Sidebar Selector」で #ad を指定したとします。その場合、サイドバーで ID が ad になっている要素が、スクロールについてくるようになります。

そのため、以下のように ID を指定して要素を囲んであげると、そのウィジェットがスクロールについてくるようになります。

<div id="ad">
※追従させたいコンテンツ※
</div>

ウィジェットの追加

あとがき

ID だけ調べて設定してあげれば、簡単にスクロール追従型の広告などを設置できるので非常に楽ですね。

紹介した設定の他にも、プラグインのロード遅延やアニメーションのスピードを変えたりすることもできます。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。