記事が属しているタームをリンク付きでまとめて出力することができる関数「the_taxonomies」

記事が属しているタームをリンク付きでまとめて出力することができる関数「the_taxonomies」

記事が属しているタームをリンク付きでまとめて出力することができる関数「the_taxonomies」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • ベテランカードホルダーが厳選したおすすめのクレジットカード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、カスタムタクソノミーの情報を記事ページに出力する方法を記事に書きましたが、タームの出力について色々調べている時にかなり便利そうな関数を見つけたので、こちらも備忘録的に残しておきたいと思います。

スポンサードリンク

記事が属しているタームをすべて出力してくれる「the_taxonomies」

the_taxonomies という関数を使うと、その記事が属しているタームをすべてリンク付きで出力してくれます。カテゴリーはもちろんのこと、追加したカスタムタクソノミーのタームもちゃんと出力してくれるので非常に便利です。

出力方法は簡単で、タームの情報を表示させたい場所に以下のコードを記述するだけです。記事の内容を出力しているループ文の中に書くといいですね。

<?php the_taxonomies(); ?>

これだけで、属しているタームの情報を「カテゴリー:WordPress 種類:手順,インストール」という感じですべて出力してくれます。

the_taxonomiesのパラメータ

the_taxonomies では、一応以下のようなパラメータが使用できるみたいです。

post:投稿ID
before:タームの前に表示する文字
sep:複数出力される場合の区切り文字
after:タームの後ろに表示する文字
template:テンプレートを使用して出力。すみません、よくわかりませんでした・・・

ただ、パラメータを追加してもちゃんと機能してくれませんでした。うーむ、何なんでしょうか・・・

あとがき

パラメータが効かなかったとはいえ、簡単にタームをすべて出力してくれるのは便利なので、テーマを自作したりするときに良さそうですね。

利用するケースによって、get_the_term_list や get_the_terms と使い分けましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。