WordPressで記事の投稿日を日付ではなく経過時間で表示する

WordPressで記事の投稿日を日付ではなく経過時間で表示する

WordPressで記事の投稿日を日付ではなく経過時間で表示する
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • Youtube動画変換・ダウンロードおk!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressのテーマ内にthe_time関数を記述することで、記事の投稿日を表示することができます。

<?php the_time('Y/m/d') ?>

上記のように記述した場合、2013/12/25というように投稿した日付が表示されます。

この投稿日をTwitterのように「〇日前」と、経過時間で表示させる方法について紹介したいと思います。

スポンサードリンク

投稿日を経過時間に変更する

まずは、利用しているテーマのfunctions.phpに以下のコードを追加します。

functions.php
function time_ago( $type = 'post' ) {
$d = 'comment' == $type ? 'get_comment_time' : 'get_post_time';
return human_time_diff($d('U'), current_time('timestamp')) . " " . __('前');
}

テーマ内のthe_time関数を以下に置き換えます。the_time関数がなければ、表示したい箇所に以下を記述します。

<?php echo time_ago(); ?>

これで投稿日が「〇日前」というように、投稿してからの経過時間で表示されるようになります。

24時間経過していない場合は、以下のように「〇時間前」と表示されます。

〇時間前

1ヶ月以上経過すると、「〇か月前」と表示されるようになります。

〇か月前

あとがき

日付で表示しているサイトがほとんどだと思いますので、投稿日が経過時間で表示されていたら目立つかもしれません。

ちなみに、最終更新日を表示させる方法についても紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。