timthumb.phpの脆弱性をチェックすることができるWordPressプラグイン「Timthumb Vulnerability Scanner」

timthumb.phpの脆弱性をチェックすることができるWordPressプラグイン「Timthumb Vulnerability Scanner」

timthumb.phpの脆弱性をチェックすることができるWordPressプラグイン「Timthumb Vulnerability Scanner」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • Youtube動画変換・ダウンロードおk!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

timthumb.phpは、TimThumbという画像をリサイズしてくれるPHPスクリプトです。このTimThumbのバージョン2よりも前のバージョンには脆弱性が見つかっています。

古いバージョンのTimThumbを使っていると、第三者が任意のPHPコードをTimThumbキャッシュディレクトリにアップロードすることができ、悪意のあるPHPコードなどを実行されてしまいます。

TimThumbの配布元ではすでに修正済みですが、WordPressのプラグインやテーマ内で古いバージョンが使用されていたら、攻撃を受ける可能性が出てきます。

WordPress内で脆弱性のあるtimthumb.phpが使われているかどうか、チェックするためのプラグインがTimthumb Vulnerability Scannerです。

スポンサードリンク

Timthumb Vulnerability Scannerのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. Timthumb Vulnerability Scannerをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Timthumb Vulnerability Scannerプラグインを有効化します。

Timthumb Vulnerability Scannerの使い方

Timthumb Vulnerability Scannerプラグインを有効化したら、管理画面で[ツール] – [Timthumb Scanner]にアクセスしましょう。

[Scan!]をクリックすると、脆弱性のチェックが開始されます。

Timthumbスキャンの開始

スキャンが完了すると、「Scan Results」に結果が表示されます。「No instances of timthumb were found on your server.」と表示されれば、脆弱性は見つからなかったということになります。

No instances of timthumb were found on your server.

もしも脆弱性のあるファイルが見つかったら、ファイルを選択して[Upgrade Selected Files]からアップグレードを実施しましょう。

定期スキャンの設定

[ツール] – [Timthumb Scanner]のページで、[Options]タブにアクセスすると、定期スキャンの設定が行えます。デフォルトでは「Automatically run this scan daily」にチェックが入った状態なので、毎日スキャンが実行されます。

定期スキャンの設定

チェックを外すと定期スキャンは停止され、手動スキャンのみになります。

あとがき

攻撃を受けると大変なので、ぜひスキャンして脆弱性の有無をチェックしておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。