ビジュアルエディタでHTML構造をわかりやすく表示してくれるWordPressプラグイン「TinyMCE VisualBlocks」

ビジュアルエディタでHTML構造をわかりやすく表示してくれるWordPressプラグイン「TinyMCE VisualBlocks」

ビジュアルエディタでHTML構造をわかりやすく表示してくれるWordPressプラグイン「TinyMCE VisualBlocks」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • ドメイン無制限・WordPressが使える格安サーバー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TinyMCE VisualBlocksは、記事編集画面のビジュアルエディタで、HTML構造をわかりやすくブロック分けして表示してくれるWordPressプラグインです。

HTML構造が見やすくなることで、記事の編集がやりやすくなります。

スポンサードリンク

TinyMCE VisualBlocksのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. TinyMCE VisualBlocksをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、TinyMCE VisualBlocksを有効化します。

TinyMCE VisualBlocksが対応しているHTMLタグ

対応しているHTMLタグは以下の通りです。

  • p
  • h1
  • h2
  • h3
  • h4
  • h5
  • h6
  • div
  • section
  • article
  • blockquote
  • address
  • pre
  • figure
  • hgroup
  • aside
  • figcaption
  • ul
  • ol
  • dl

TinyMCE VisualBlocksの設定

TinyMCE VisualBlocksに設定項目はありません。プラグインを有効化するだけで大丈夫です。

プラグインを有効化して記事編集画面にアクセスすると、以下のように構造化されて表示されます。

TinyMCE VisualBlocks

あとがき

デフォルトの状態よりもだいぶわかりやすくなりますね。ビジュアルエディタを強化したい方は、ぜひ導入してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。