ユーザーアバター画像を簡単に変更することができるWordPressプラグイン「User Avatar」

ユーザーアバター画像を簡単に変更することができるWordPressプラグイン「User Avatar」

ユーザーアバター画像を簡単に変更することができるWordPressプラグイン「User Avatar」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • Youtube動画変換・ダウンロードおk!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

User Avatarは、ユーザーアバターを任意の画像に設定することができるWordPressプラグインです。

以前、WP User Avatarというプラグインを紹介しましたが、同様にアバターを設定するだけのシンプルなプラグインです。

スポンサードリンク

User Avatarのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. User Avatarをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、User Avatarプラグインを有効化します。

User Avatarの設定

User Avatarプラグインを有効化したら、管理画面で[ユーザー] – [あなたのプロフィール]にアクセスします。

管理画面の配色と被っていますが、「Picture」という設定項目が追加されます。

ユーザーアバターの設定

上記画像ではすでに登録したアバター画像が表示されていますが、何も設定していない状態だと、最初はミステリーマンが表示されています。

[Update Picture]をクリックして、アバターに設定したい画像を選択します。画像を選択したら、[アップロード]をクリックして画像をアップロードしてください。

アバター画像のアップロード

続いて、表示させたい領域をドラッグで選択して、[Crop Image]をクリックします。

表示領域の選択

「Here’s your new profile picture…」というメッセージが表示されるので、[Close]をクリックして画面を閉じます。

アバター設定画面を閉じる

これでアバター画像の登録が完了です。

画像の登録後は、コメント欄などに表示されるアバターが、登録した画像になります。なお、画像を変更する前にしたコメントのアバターは、たしか変わらなかったと思います(うろ覚えですみません・・・)。

User Avatarを使う際の注意点

Timthumb Vulnerability Scannerでスキャンしたら、古いバージョンのTimThumbが使用されているようでした。古いバージョンのTimThumbには脆弱性が見つかっています。

User Avatarを利用する際は、Timthumb Vulnerability Scannerでスキャンして、timthumb.phpをアップデートした上で使ってください。

あとがき

アバター画像を変更したい場合は、ぜひお試しください。と、言いたいところですが、脆弱性が含まれているので、紹介しておいてなんですがWP User Avatarを使った方がいいかもしれません。

ただ、使い勝手は非常に良いので、timthumb.phpのアップデートを実施して利用する分には全然アリです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。