カテゴリー編集画面の「説明」欄をビジュアルエディタにすることができるWordPressプラグイン「Visual Term Description Editor」

カテゴリー編集画面の「説明」欄をビジュアルエディタにすることができるWordPressプラグイン「Visual Term Description Editor」

カテゴリー編集画面の「説明」欄をビジュアルエディタにすることができるWordPressプラグイン「Visual Term Description Editor」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 50万円の大人気YouTube教材を無料で手に入れる!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Visual Term Description Editorは、カテゴリー編集画面にビジュアルエディタを導入することができるWordPressプラグインです。

スポンサードリンク

Visual Term Description Editorのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. Visual Term Description Editorをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Visual Term Description Editorを有効化します。

Visual Term Description Editorの使い方

Visual Term Description Editorには設定項目がありません。そのため、プラグインを有効化するだけで利用可能です。

WordPress管理画面で[投稿] – [カテゴリー]にアクセスすると、「説明」がビジュアルエディタに変わっています。

Visual Term Description Editorの使い方

上の画像はカテゴリーの編集画面ですが、編集画面だけでなく新規追加もビジュアルエディタに変わります。

あとがき

デフォルトのテキスト入力エリアに比べると、格段に編集しやすくなりますね。カテゴリーの「説明」をしっかり設定したいという方は、ぜひお試しください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。