外部ツールは不要!WordPressのアクセス解析ツール「WassUp Real Time Analytics」

外部ツールは不要!WordPressのアクセス解析ツール「WassUp Real Time Analytics」

外部ツールは不要!WordPressのアクセス解析ツール「WassUp Real Time Analytics」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • ベテランカードホルダーが厳選したおすすめのクレジットカード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WassUp Real Time Analytics」は、ほぼリアルタイムでレポートが追加されていく高機能なアクセス解析プラグインです。

WordPressのアクセス解析プラグインはたくさんありますが、WassUp Real Time AnalyticsはGoogleアナリティクスなどの外部ツールのアカウントを必要としないので、WassUpプラグインをインストールするだけですぐにアクセス解析を始めることが可能です。

スポンサードリンク

WassUp Real Time Analyticsのインストール

インストール手順は他のプラグインと同じです。

1. WassUpをダウンロードします。
2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
3. 管理画面の[プラグイン]ページで、WassUpプラグインを有効化します。

WassUp Real Time Analyticsの日本語化

デフォルトの状態だと、以下のように日本語化がうまくいっていません。

wassup_english

wp-content/plugins/wassup/languageの配下にあるja_JA.moja.moにリネームすることで日本語化することができます。.moの変更だけで日本語化されますが、念のためにja_JA.poもja.poにリネームしておきましょう。

wassup_japanese

WassUp Real Time Analyticsの設定

管理画面で[WassUp]-[オプション]にアクセスすることで、設定を変更できます。

基本設定

基本設定

基本設定タブでは、レポートの表示期間などの基本的な設定をすることができます。とりあえず設定した方がいい項目は以下の通りです。

あなたのモニター画面の解像度(ブラウザ幅):ブラウザの幅を選択します。これによってグラフの大きさが変わります。
Dashboard Settings:「Display small chart in the dashboard」にチェックを入れると、ダッシュボードにグラフを表示できます。
Visitor Detail Settings:「Show visitor details for the last」でグラフの表示期間、「Filter visitor details for」で表示制限(スパイダーなしなど)を設定します。

※スパイダーとは、検索エンジンのボットのことです。クローラとも呼ばれます。

集計内容

集計内容

集計内容タブでは、集計するデータの設定を変更できます。「ビジタータイプ別の記録」で以下の3つはチェックを外しておいた方が、より正確なアクセスがわかります。

・ログインユーザーを記録
・Record logged in administrators
・スパイダーとボットを記録

この3つのチェックを外すことで、「ログインユーザー」「管理者」「検索エンジンのクローラ」のアクセスが除外されます。

ファイルとデータベースの設定

データベースの設定

ファイルとデータベースの設定では、データベースの容量上限などを設定することができます。デフォルトの状態だと上限なくデータが増えていくので、自動削除などを設定しておきましょう。

警報する:設定した上限に達すると、警告メールを出してくれます。
Automatically delete:指定した期間でデータを削除してくれます。
Manually delete:削除するデータを選択して、[Delete NOW]をクリックするとすぐにデータが削除されます。

まずは上述した設定をしておけばOKだと思います。あとはお好みで設定しましょう。

アクセス解析データを参照する

ビジターの詳細

[WassUp]-[ビジター詳細]に移動すると、アクセス解析レポートが参照できます。

アクセス解析レポート

レポートページでは、以下の項目を調整することで、表示する内容を変更できます。

Details for the last:表示期間を変更できます。
一覧表示数:下の方に表示されるアクセス履歴の数を調整できます。
Filter items by:表示するアクセスの種類を選択できます。

なお、右上のタブから他のページへアクセスすることでもできます。

アクセスタブ

ビジターの監視

ビジターの監視では、接続元のIPアドレスや参照ページなどアクセス履歴の詳細が確認できます。

ビジターの監視

現在のオンラインビジター

現在のオンラインビジターでは、現在接続されているアクセスの詳細を見ることができます。そのとき来訪者がいれば、IPアドレスなどの情報が表示されます。

あとがき

高機能で軽いプラグインだと思います。これだけのレポートがあればある程度の解析はできますね。

Googleアナリティクスなど外部ツールを使いたくないという方は、ぜひWassUp Real Time Analyticsを導入してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

One thought on “外部ツールは不要!WordPressのアクセス解析ツール「WassUp Real Time Analytics」

  1. Pingback: もう離れられない!おすすめ無料ワードプレスプラグイン10選 | 集客チャンネル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。