各ウィジェットに任意でCSSクラスを追加することができるWordPressプラグイン「Widget CSS Classes」

各ウィジェットに任意でCSSクラスを追加することができるWordPressプラグイン「Widget CSS Classes」

各ウィジェットに任意でCSSクラスを追加することができるWordPressプラグイン「Widget CSS Classes」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 月額2980円で顧問を雇いませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Widget CSS Classesは、各ウィジェットの要素にCSSクラスを付与することができるようになるWordPressプラグインです。ウィジェット毎に装飾を変えたい時に便利です。

スポンサードリンク

Widget CSS Classesのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. Widget CSS Classesをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Widget CSS Classesを有効化します。

Widget CSS Classesの設定

[設定] – [Widget CSS Classes]で、プラグインの設定を行います。

Widget CSS Classesの設定

Add Widget Number Classes ウィジェットナンバーのクラスを追加(例:widget-1)
Add First/Last Classes 最初と最後のウィジェットにクラスを追加(例:widget-first)
Add Even/Odd Classes 奇数番目・偶数番目を識別するクラスを追加(例:widget-odd)
Show Additional Field for ID ID付与の有効化
Class Field Type クラス追加フォームの種類
Predefined Classes 定型クラスの追加

Widget CSS Classesの使い方

[外観] – [ウィジェット]で、設置しているウィジェットを展開すると、「CSS Classes」という項目が追加されています。

CSS Classes

ここに追加したいクラス名を記述して[保存]します。

あとがき

ウィジェットに任意でクラスを追加して、それぞれ異なるCSSを適用したいという時は、ぜひご活用ください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。