サイトのデータを丸ごとDropboxにバックアップすることができるWordPressプラグイン「WordPress Backup to Dropbox」

サイトのデータを丸ごとDropboxにバックアップすることができるWordPressプラグイン「WordPress Backup to Dropbox」

サイトのデータを丸ごとDropboxにバックアップすることができるWordPressプラグイン「WordPress Backup to Dropbox」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 一式98,000円~の格安プランをご用意!Web制作お任せください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPress Backup to Dropboxは、サイト全体のデータをDropboxにバックアップすることができるWordPressプラグインです。ファイルもデータベースもまとめてバックアップできます。

スポンサードリンク

WordPress Backup to Dropboxのインストール

プラグインのインストール手順は以下の通りです。

  1. WordPress Backup to Dropboxをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、WordPress Backup to Dropboxプラグインを有効化します。

WordPress Backup to Dropboxの設定

プラグインを有効化したら、WordPress管理画面で[WPB2D] – [Backup Settings]にアクセスします。[Authorize]をクリックして、Dropboxとの連携を行います。

Dropboxとの連携を行います

[Authorize]をクリックすると、「Wordpress Backup to Dropbox が Dropbox に保存されているフォルダ「アプリ › wpb2d」へのアクセスをリクエストしています」というメッセージが表示されるので、[許可]をクリックします。

Wordpress Backup to Dropbox が Dropbox に保存されているフォルダ「アプリ › wpb2d」へのアクセスをリクエストしています

再び[WPB2D] – [Backup Settings]にアクセスすると、プラグインの設定画面が表示されますので、バックアップのスケジュールを設定しましょう。

バックアップの設定

Store backup in a subfolder of the wpb2d app folder サブフォルダの作成
Day and Time バックアップを実行する日時
Frequency バックアップする間隔
Excluded Files and Directories 除外するフォルダとファイル

手動でバックアップを実行するには、[WPB2D] – [Backup Monitor]にアクセスして、[Start Backup]をクリックします。

手動バックアップのスタート

データは「Dropbox/アプリ/wpb2d」の中に保存され、データベースは「wp-content/backups」の中に入っています。

あとがき

バックアップするだけの非常にシンプルなプラグインになっているので、WordPressに不慣れな方でも簡単に使えるのではないでしょうか。

より詳細に設定してバックアップしたい場合は、Dropboxへのバックアップも可能なBackWPupがおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。