記事エディタプラグイン「TinyMCE Advanced」を日本語化して導入する

記事エディタプラグイン「TinyMCE Advanced」を日本語化して導入する

記事エディタプラグイン「TinyMCE Advanced」を日本語化して導入する
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 広告主様募集中
    ワンコインで広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事エディタである「TinyMCE Advanced」を日本語化する方法について説明したいと思います。

手順は以下の通りで、3ステップで完了です。

ステップ1:TinyMCE Advancedプラグインのインストール
ステップ2:TinyMCE Advancedの日本語化パッチ導入
ステップ3:tinymce-advanced.phpの修正

スポンサードリンク

ステップ1:TinyMCE Advancedプラグインのインストール

まずは他のプラグインと同じ手順で、TinyMCE Advancedプラグインをインストールします。
TinyMCE Advancedをダウンロードして、/wp-content/plugins配下にアップロードしてください。アップロードできたら、TinyMCE Advancedプラグインを有効化しましょう。

ステップ2:TinyMCE Advancedの日本語化パッチ導入

TinyMCE Advanced3.3.9 日本語版配布から日本語化パッチをダウンロードしてください。「TinyMCE Advancedの日本語版(ver 3.3.9)をダウンロード 【5140】」と書いてあるところです。コチラからダウンロードしてもいいです。

ダウンロードしたtinymce-advanced-ja.moをwp-content/plugins/tinymce-advancedの直下にアップロードします。

ステップ3:tinymce-advanced.phpの修正

wp-content/plugins/tinymce-advancedの直下にある”tinymce-advanced.php”の2行目以降に以下のコードを貼り付けます。2行目以降なら貼り付ける場所はどこでもいいですが、変なところに貼り付けて不具合が起こるといけないので、2行目か一番下に追加するのが無難でしょう。

$domain_name = 'tinymce-advanced';
$locale_name = get_locale();
$mofile_name = dirname(__FILE__);
$mofile_name .= "/$domain_name-$locale_name.mo";
load_textdomain("tadv", $mofile_name);

日本語化前と日本語化後の比較

日本語化の手順は上記3ステップで完了です。簡単ですね。
あとは、設定画面で使いたいボタンをドラッグ&ドロップで追加しましょう。

日本語化前の設定画面↓
TinyMCE Advanced日本語化前

日本語化後の設定画面↓
TinyMCE Advanced日本語化後

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。