Twitterでエゴサーチした結果をダッシュボードに表示するWordPressプラグイン「WP egosearch」

Twitterでエゴサーチした結果をダッシュボードに表示するWordPressプラグイン「WP egosearch」

Twitterでエゴサーチした結果をダッシュボードに表示するWordPressプラグイン「WP egosearch」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • Youtube動画変換・ダウンロードおk!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WP egosearchは、Twitterでエゴサーチした結果をダッシュボードに表示するWordPressプラグインです。プラグインの制作者は、ITキヲスクのsmknさんです。

スポンサードリンク

WP egosearchとは

制作者であるsmknさんが、以下のように説明しています。

自分の名前やハンドルネーム、運営してるブログの名前/URLなんかについて、自分で検索してその言及や反応を調べることを「エゴサーチ」といいます。

で、フツーはGoogleやTwitterなんかの検索窓に名前やURLなどを打って調べたり、専用のサービスやアプリケーションを使って調べたりするんですが、それをWordPressのダッシュボードでカンタンに見られるようにするのが、今回公開する「WP egosearch」プラグインです。

プラグインを導入したWordPressサイトのサイト名とURLを自動で取得して、それをTwitterの検索APIに突っ込んで、その結果をダッシュボードに一覧してくれるっつー、シンプルかつ便利なプラグインになります。

WP egosearchのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. WP egosearchをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、WP egosearchプラグインを有効化します。

WP egosearchの設定

プラグインを有効化したら、WordPress管理画面のダッシュボードにアクセスして設定を行います。

1. WP egosearchのウィジェットが追加されているので、マウスホバーして右上の[設定]をクリックします。

WP egosearchの設定

2. Consumer KeyやConsumer Secretなどを入力していきます。

Consumer KeyやConsumer Secretなどを入力

twitter consumer key Twitterコンシューマーキーを入力します。
twitter consumer secret Twitterコンシューマーシークレットキーを入力します。
除外するキーワード(複数の場合はカンマ区切り) 除外キーワードを指定します。
取得する件数(最大100件) 取得する件数を指定します。

コンシューマーキーやシークレットキーの取得手順については、以下の記事が参考になります。

TwitterAPIの認証コード類を取得する手順 – ysklog

3. [送信]をクリックします。
4. 1週間以内に自サイトについてツイートされた内容が表示されます。

エゴサーチ結果

ほぼ自分のツイートだし・・・自分以外のツイートはTechMemo関係ないし・・・

あとがき

自分のツイートを除外する機能がついたらより便利だと思います。

当ブログの場合はエゴサーチ結果は散々なものでしたが、自分のサイトがどれくらい言及されているのか、気になる方は導入してみてはいかがでしょうか。

なお、プラグインを使わずにエゴサーチしたい場合は、こちらの記事をご参照ください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。