おしゃれなページネーションが簡単に設置できるWordPressプラグイン「WP-Paginate」

おしゃれなページネーションが簡単に設置できるWordPressプラグイン「WP-Paginate」

おしゃれなページネーションが簡単に設置できるWordPressプラグイン「WP-Paginate」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 欅坂46まとめブログです(^o^)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WP-Paginateは、おしゃれなページネーションを簡単に設置することができるWordPressプラグインです。

利用しているテーマに実装されているページネーションがいまいち気に入らない場合は、WP-Paginateを導入してカスタマイズされたページネーションを設置してみましょう。

スポンサードリンク

WP-Paginateのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. WP-Paginateをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、WP-Paginateプラグインを有効化します。

WP-Paginateの設定

WordPress管理画面で[設定] – [WP-Paginate]にアクセスすると、プラグインの詳細設定ができます。[Settings]タブでは、全般的な設定を行います。

WP-Paginateの設定

Pagination Label ページネーションのラベル
Previous Page 前のページへのリンクのアンカー
Next Page 次のページへのリンクのアンカー
Everywhere どこにでも設置
Home Page ホームページに設置
Blog Page ブログページに設置
Search Page 検索ページに設置
Category Pages カテゴリーページに設置
Archive Pages アーカイブページに設置
Position ページネーションの位置
Hide Standard Pagination デフォルトのページネーションを非表示
Pagination Font ページネーションのフォント
Button Style ページネーションのスタイル
Before Markup ページネーションの前に記述するタグ
After Markup ページネーションの後ろに記述するタグ
Markup Display 記事のリストが空でも前後のタグを表示
WP-Paginate CSS File WP-PaginateのCSSをロード
Page Range ページ数の表示個数
Page Anchors 常に表示されるリンク数
Page Gap 料略記号が表示される前の数

[Custom CSS]では、カスタムCSSを追加することができます。

カスタムCSSの定義

「Activate」にチェックを入れると、カスタムCSSが有効になります。チェックを外すだけで無効化することができるので便利ですね。

ページネーションの設置

設定のPositionで「Function only」を選択している場合は、テーマ内に以下のコードを追加します。

<?php if(function_exists('wp_paginate')) { wp_paginate(); } ?>

コードを追加した場所に、ページネーションが表示されるようになります。

ページネーションの設置

あとがき

同じようにページネーションが設置できるプラグインとしては、WP-PageNaviWP Page Numbersもありますので、ぜひチェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。