プロフィール画像に任意の画像を設定できるWordPressプラグイン「WP User Avatar」

プロフィール画像に任意の画像を設定できるWordPressプラグイン「WP User Avatar」

プロフィール画像に任意の画像を設定できるWordPressプラグイン「WP User Avatar」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • Youtube動画変換・ダウンロードおk!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WP User Avatarは、WordPressのユーザープロフィール画像を任意の画像に設定できるプラグインです。

自分のプロフィール画像を好きなアイコンに設定することができます。

スポンサードリンク

WP User Avatarのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. WP User Avatarをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、WP User Avatarプラグインを有効化します。

WP User Avatarの設定

プラグインを有効化したら、[ユーザー] – [あなたのプロフィール]から、プロフィールの編集画面にアクセスします。

「Avatar」という項目が追加されているので、[画像の選択]をクリックします。

画像の選択

画像をアップロードするか、メディアライブラリから画像を選んで、[画像を選択]をクリックします。

画像が変わったことを確認して、[プロフィールを更新]をクリックして設定内容を保存します。

プロフィールを更新

プロフィール画像を呼び出す関数get_avatar

プロフィール画像をテーマ内で呼び出すには、get_avatarという関数を使います。

使用例
<?php echo get_avatar( $id_or_email, $size, $default, $alt ); ?>
パラメータ

id_or_email:「ユーザーID」「電子メールアドレス」「コメント投稿者」のいずれかを指定します。必須項目で初期値はなし
size:画像のサイズを指定します。ピクセル値で指定し、ここで指定したサイズが縦横の両方に適用されます。初期値は96、最大512
default:画像につけるリンクを指定します。初期値はなし
alt:画像のalt属性を指定します。初期値はなし

例えば、当ブログでは記事下に表示しているプロフィール画像は、以下のように呼び出しています。

<?php echo get_avatar( get_the_author_id(), 65 ); ?>

get_the_author_id()で記事執筆者のIDを取得して、65ピクセルのユーザープロフィール画像を表示しています。

コメントフォーム内で使う場合は、以下のように記述します。

<?php echo get_avatar( $comment, 32 ); ?>

このように記述することで、コメント投稿者のプロフィール画像を呼び出すことができます。

あとがき

せっかくブログを書くなら、自分専用のプロフィール画像を設定したいですね。

プロフィール画像なんて自分で作れないよー、という場合はココナラなどのクラウドソーシングを使うと、安価に制作してもらうことができますよ。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。