簡単にWebスクレイピングができるWordPressプラグイン「WP Web Scraper」

簡単にWebスクレイピングができるWordPressプラグイン「WP Web Scraper」

簡単にWebスクレイピングができるWordPressプラグイン「WP Web Scraper」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 広告主様募集中
    ワンコインで広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WP Web Scraperは、導入するだけでスクレイピングが簡単にできるようになるWordPressプラグインです。

スポンサードリンク

WP Web Scraperのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. WP Web Scraperをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、WP Web Scraperを有効化します。

WP Web Scraperの使い方

WP Web Scraperを有効化したうえで、以下のようにスクレイピングしたいページのURLと対象となる要素を指定すると、内容を出力できます。

テーマ内に記述する場合

テーマ内に直接記述する場合は、以下のようにします。

<?php echo wpws_get_content("http://example.com/", "div.scrapper", array('output' => 'text')); ?>

「http://example.com/」の部分でページのURL、「div.scrapper」の部分で取得する要素を指定します。

ショートコードの場合

ショートコードの場合は、以下のように記述します。

[wpws url="http://example.com/" query="div.scrapper" output="text"]

ちなみに、WordPress管理画面の[WP Web Scraper] – [Sandbox]では、スクレイピングをテストすることができます。

スクレイピングのテスト

「Source URL」にページのURL、「Query」に対象のクラスやIDを入力します。

あとがき

HTMLとCSSさえわかれば簡単にスクレイピングができちゃいますね。スクレイピング対象の指定方法は、HTMLやCSSセレクタ以外に、XPathや正規表現でも良いみたいです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。