ツイートした時にリンク先の概要や画像を表示する「Twitter Cards」の設定手順

ツイートした時にリンク先の概要や画像を表示する「Twitter Cards」の設定手順

ツイートした時にリンク先の概要や画像を表示する「Twitter Cards」の設定手順
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 広告主様募集中
    ワンコインで広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterを見ていると、たまにリンク先の概要やアイキャッチ画像がついたツイートを見かけますよね。こういうやつ↓

ツイッターカードの例

下の方に出てくる概要や画像がなぜ表示されるのかというと、Twitterアカウントに対してTwitter Cardsというものを設定しているからです。

今回は、このTwitter Cardsの設定手順について解説したいと思います。設定手順は、「カードタイプの選択」⇒「メタタグの追加」⇒「利用申請」という流れになっています。

スポンサードリンク

ステップ1. カードタイプの選択

まずは、Twitter Cardsにアクセスし、「Four simple steps」の下にあるTry themというリンクをクリックします。

Try them - Twitter Cards

ログイン画面が表示されるので、Twitterアカウントにログインします。

Twitterアカウントにログイン

ログイン後、表示させたいTwitter Cardsのカードタイプを選択します。

Twitter Cardsのタイプを選択

※今回はSummaryを選択します。

ステップ2. ヘッダーにメタタグを追加

カードタイプを選択したら、Card Validatorで必要な情報を入力していきます。

Card Validator

twitter:site – Twitterアカウント名を入力します。
twitter:title – リンク先のタイトルを入力します。
twitter:description – リンク先の概要を入力します。上限は200文字
twitter:creator – Twitterアカウント名を入力します。
twitter:image:src – 表示させる画像のURLを入力します。
twitter:domain – 概要や画像を表示させたいドメインを入力します。

Mobile App Integrationは省略してOKです。必要であれば入力してください。

また、Twitter CardsはOGPに対応しているので、OGPを設定している場合は被っている内容を省略してOKです。

必要な情報を入力したら、[Update Preview]をクリックし、Sample Embed Codeに表示されるメタタグをサイトのhead内に追加します。

Sample Embed Code

この時、必要ない部分は省略できます。例えば、Mobile App Integrationを入力していない場合は、以下の記述だけでOKです。

<meta name="twitter:card" content="summary">
<meta name="twitter:site" content="@site_username">
<meta name="twitter:title" content="Top 10 Things Ever">
<meta name="twitter:description" content="Up than 200 characters.">
<meta name="twitter:creator" content="@creator_username">
<meta name="twitter:image:src" content="http://placekitten.com/250/250">
<meta name="twitter:domain" content="YourDomain.com">

OGPを設定していて、被っている部分もいらないです。環境に合わせて、要らないものは省きましょう。

なお、選択するカードタイプによって、必要なメタタグは変わります。

Summary
<meta name="twitter:card" content="summary">
<meta name="twitter:site" content="@nytimes">
<meta name="twitter:creator" content="@SarahMaslinNir">
<meta name="twitter:title" content="Parade of Fans for Houston’s Funeral">
<meta name="twitter:description" content="NEWARK - The guest list and parade of limousines with celebrities emerging from them seemed more suited to a red carpet event in Hollywood or New York than than a gritty stretch of Sussex Avenue near the former site of the James M. Baxter Terrace public housing project here.">
<meta name="twitter:image" content="http://graphics8.nytimes.com/images/2012/02/19/us/19whitney-span/19whitney-span-article.jpg">
Summary Card with Large Image
<meta name="twitter:card" content="summary_large_image">
<meta name="twitter:site" content="@nytimes">
<meta name="twitter:creator" content="@SarahMaslinNir">
<meta name="twitter:title" content="Parade of Fans for Houston’s Funeral">
<meta name="twitter:description" content="NEWARK - The guest list and parade of limousines with celebrities emerging from them seemed more suited to a red carpet event in Hollywood or New York than than a gritty stretch of Sussex Avenue near the former site of the James M. Baxter Terrace public housing project here.">
<meta name="twitter:image:src" content="http://graphics8.nytimes.com/images/2012/02/19/us/19whitney-span/19whitney-span-articleLarge.jpg">
Photo Card
<meta name="twitter:card" content="photo">
<meta name="twitter:site" content="@examplephotosite">
<meta name="twitter:creator" content="@sippey">
<meta name="twitter:title" content="Good Morning, San Francisco">
<meta name="twitter:image" content="http://example.com/photo/a/image.jpg">
<meta name="twitter:image:width" content="610">
<meta name="twitter:image:height" content="610">
Gallery Card
<meta name="twitter:card" content="gallery">
<meta name="twitter:site" content="@flickr">
<meta name="twitter:creator" content="@hackweek">
<meta name="twitter:title" content="Hack Week">
<meta name="twitter:description" content="A look at Hack Week at Twitter HQ (@twoffice) and all of our offices around the world.">
<meta name="twitter:image0" content="http://farm9.staticflickr.com/8236/8383176221_44f50afaba_b.jpg">
<meta name="twitter:image1" content="http://farm9.staticflickr.com/8186/8393798794_3a3d27a621_c.jpg">
<meta name="twitter:image2" content="http://farm9.staticflickr.com/8189/8384260164_511782a797_c.jpg">
<meta name="twitter:image3" content="http://farm9.staticflickr.com/8188/8383177259_f927f13d81_b.jpg">
App Card
<meta name="twitter:card" content="app">
<meta name="twitter:description" content="The perfect for grabbing a nearby taxi. Try it by downloading today.">
<meta name="twitter:app:id:iphone" content="306934135">
<meta name="twitter:app:url:iphone" content="example://action/5149e249222f9e600a7540ef">
<meta name="twitter:app:name:ipad" content="Example App">
<meta name="twitter:app:url:ipad" content="example://action/5149e249222f9e600a7540ef">
<meta name="twitter:app:id:googleplay" content="com.example.app">
<meta name="twitter:app:url:googleplay" content="http://example.com/action/5149e249222f9e600a7540ef">
App Installs and Deep-Linking
<meta name="twitter:app:name:iphone" content="Example App"/>
<meta name="twitter:app:id:iphone" content="306934135"/>
<meta name="twitter:app:url:iphone" content="example://action/5149e249222f9e600a7540ef"/>
<meta name="twitter:app:name:ipad" content="Example App"/>
<meta name="twitter:app:id:ipad" content="306934135"/>
<meta name="twitter:app:url:ipad" content="example://action/5149e249222f9e600a7540ef"/>
<meta name="twitter:app:name:googleplay" content="Example App"/>
<meta name="twitter:app:id:googleplay" content="com.example.app"/>
<meta name="twitter:app:url:googleplay" content="http://example.com/action/5149e249222f9e600a7540ef"/>
Player Card
<meta name="twitter:card" content="player">
<meta name="twitter:site" content="@examplevideosite">
<meta name="twitter:title" content="Example Video">
<meta name="twitter:description" content="This is a sample video from example.com">
<meta name="twitter:image" content="https://example.com/keyframe/a.jpg">
<meta name="twitter:player" content="https://example.com/embed/a">
<meta name="twitter:player:width" content="435">
<meta name="twitter:player:height" content="251">
Product Card
<meta name="twitter:card" content="product">
<meta name="twitter:site" content="@twitter">
<meta name="twitter:creator" content="@twitter">
<meta name="twitter:title" content="Logo Mug">
<meta name="twitter:description" content="The perfect pick-me-up. Enjoy your favorite blend with this coffee mug featuring the Twitter logo. Make every work day good to the last drop.">
<meta name="twitter:image" content="https://twitter.siglercompanies.com/graphics/00000001/mug-new.jpg">
<meta name="twitter:data1" content="$3">
<meta name="twitter:label1" content="Price">
<meta name="twitter:data2" content="Black">
<meta name="twitter:label2" content="Color">

ステップ3. プレビューの確認と利用申請

headへの追加が完了したら、Card Validatorの画面に戻って、[Validate & Apply]タブにアクセスします。

Validate & Apply

フォームに設定したサイトのURLを入力して、[Go!]をクリックします。ブログだったら、記事の中から適当なものを選んで入力しましょう。

確認URLの入力

正常に情報を取得できたら、Card Previewにプレビューが表示されます。

Card Previewにプレビューが表示されます

プレビューがちゃんと表示されたら、URLの下に表示される[Request Approval]をクリックします。

利用申請

必要な情報を入力して、[Request Approval]をクリックするとTwitter Cardsの利用申請が送信されます。

ツイッターカードの利用申請

利用申請をすると、まもなく「Your Twitter card is ready!」というメールが届いて、Twitter Cardsの利用が可能となります。

あとがき

文字で見ると複雑そうに思えるかもしれませんが、実際にやってみると非常に簡単です。リンク先の概要や画像を表示させ、他と差をつけることであなたのアカウントを目立たせましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。