Twitterアカウントがシャドウバンされている可能性をチェックできるWebサービス「ShadowBird」

Twitterアカウントがシャドウバンされている可能性をチェックできるWebサービス「ShadowBird」

Twitterアカウントがシャドウバンされている可能性をチェックできるWebサービス「ShadowBird」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


  • オンカジ初のNFT競馬育成ゲーム登場!
    馬を育成して馬主になろう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ShadowBirdは、Twitterアカウントがシャドウバンされているかどうかを確認できるWebサービスです。

シャドウバンとは、アカウント凍結のように目に見えるBANとは異なり、プロフィールを見る限りは正常に見えてもBANに近い対応を受けている状態です。返信内容を他のユーザーが見れなくなったり、検索結果にツイートが出なくなったりします。

シャドウバンされていてもアカウントに通知されることはないため、自覚なくBANされている可能性があるのがやっかいなところです。

ShadowBirdを使うことで、Twitterアカウントがシャドウバンされている可能性をチェックすることができます。なお、ShadowBirdの開発者はSNQさんです。

スポンサードリンク

ShadowBirdの使い方

使い方は簡単です。ShadowBirdにアクセスして、Twitterのアカウント名を入力するだけです。

ShadowBirdの使い方

[Check]をクリックすると、結果が表示されます。

Optionで[YES]にチェックを入れると、後述するReply Deboostingの対象になっているツイートのリンクを表示します。

Reply Deboostingの対象になっているツイートのリンクを表示

Search Suggestion Ban

未ログインユーザーの検索結果にツイートが表示されなくなります。ログインユーザーの検索結果には影響しません。

Search Ban

ログイン状態に関係なく、検索結果にツイートが表示されなくなります。

Ghost Ban

返信が他のユーザーから見えなくなります。自分自身や返信を受けたユーザーには見えています。

Reply Deboosting

軽めのGhost Banです。返信が他のユーザーから見えなくなることがあります。これはアカウントというよりも、個別の返信に対して適用されるものです。ShadowBirdでは、直近50件のツイートを調査します。

あとがき

以前「Twitter Shadowban Test」というシャドウバンを調べるツールを紹介しましたが、こちらはもうサービスが提供終了してしまいました。

Twitterアカウントがシャドウバンされているかもしれないと思ったら、ぜひShadowBirdでチェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。