コピペでOK!全ページにcanonicalを設定するWordPressカスタマイズ

コピペでOK!全ページにcanonicalを設定するWordPressカスタマイズ

コピペでOK!全ページにcanonicalを設定するWordPressカスタマイズ
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 一式98,000円~の格安プランをご用意!Web制作お任せください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressサイトの全ページにcanonicalを設定する方法がウェビメモさんで紹介されていました。非常にわかりやすかったので紹介したいと思います。

スポンサードリンク

canonicalとは

canonicalというのは、ページの内容が類似していたり重複している場合に、検索エンジンからの評価が分散してしまわないように、URLの正規化を行うためのメタタグです。

例えば、ECサイトで色違いのTシャツがそれぞれ別ページで販売されている場合などに活用します。

詳しくは、以下の記事でわかりやすく解説されていますので、ご参照いただければと思います。もしくは「canonicalとは」で検索すると、たくさん記事が出てきます。

WordPressサイトの全ページにcanonicalを設定する方法

適用しているテーマのfunctions.phpに以下を追記します。

functions.php
remove_action('wp_head', 'rel_canonical');
add_action( 'wp_head', 'add_canonical' );
function add_canonical() {
$canonical = null;
if( is_home() || is_front_page() ) {
$canonical = home_url();
} elseif ( is_category() ) {
$canonical = get_category_link( get_query_var('cat') );
} else if(is_tag()){
$canonical = get_tag_link(get_queried_object()->term_id);
} elseif ( is_search() ) {
$canonical = get_search_link();
} elseif ( is_page() || is_single() ) {
$canonical = get_permalink();
} else{
$canonical = home_url();
}
echo '<link rel="canonical" href="'.$canonical.'">'."\n";
}

コピペでOKです。

上記を記述することで、各ページに以下のようなメタタグが追加されます。

<link rel="canonical" href="ページのURL">

あとがき

コピペでサクッと実装できるので、サイトにcanonicalを設定したいと思っていた方はぜひ!

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。