WordPressのユーザー権限の種類と操作可能な範囲

WordPressのユーザー権限の種類と操作可能な範囲

WordPressのユーザー権限の種類と操作可能な範囲
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 広告主様募集中
    ワンコインで広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressのユーザー権限について、それぞれ操作可能な範囲をまとめてみました。

ユーザーに本来付与すべきでない権限を付与してしまうと、意図していない操作が実行可能になってしまったり、逆に操作したいのにできないといったことが起こります。

ユーザー権限の種類とその役割を理解することで、そういったミスを防ぐことができますので、この機会にぜひ整理してみてください。

スポンサードリンク

ユーザー権限の種類

WordPressでは、ユーザーに以下の権限を付与することができます。

  • 管理者
  • 編集者
  • 投稿者
  • 寄稿者
  • 購読者

管理者はすべての操作が可能で、下にいくにつれて操作可能な範囲が限定されていきます。

それぞれのユーザー権限でできること

それぞれのユーザー権限で操作可能な範囲は、以下の通りです。

操作/権限 管理者 編集者 投稿者 寄稿者 購読者
テーマの変更・編集
プラグインの設定
ユーザーの追加・編集
WordPressの設定変更
コメントの承認
カテゴリーの管理
他ユーザーの記事の編集
固定ページの編集
メディアの管理
記事の公開
新規記事の作成
閲覧

○がついているものが、許可された操作になります。

あとがき

「あれっ、この権限でこの操作はできたっけ?」となることが多いので、簡単ではありますがまとめてみました。

ユーザーを作成する際に付与する権限で迷ったら、ぜひ参考にしてください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。