HTMLからクラスやIDを検出してCSSのひな形を作成してくれるWEBサービス「extractCSS」

HTMLからクラスやIDを検出してCSSのひな形を作成してくれるWEBサービス「extractCSS」

HTMLからクラスやIDを検出してCSSのひな形を作成してくれるWEBサービス「extractCSS」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  • 広告主様募集中
    ワンコインで広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

extractCSSは、HTMLの内容からCSSのひな形を作成してくれるWEBサービスです。

HTMLを貼り付けるだけで、クラスやIDを検出してCSSのひな形を作成してくれるので、かなりコーディングの時間短縮を図ることができます。

例えば、以下のようなHTMLだとしたら、

<div id="wrapper">
  <div id="logo"><h1><a href="">サイト名</a></h1></div>
  <div class="content">
   <ul class="menu">
     <li><a href="">メニュー1</a></li>
     <li><a href="">メニュー2</a></li>
     <li><a href="">メニュー3</a></li>
   </ul>
  </div>
</div>

以下のようにCSSのひな形を作成してくれます。

#wrapper {
}

#logo {
}

#logo > h1 {
}

.content {
}

.menu {
}

.menu > li {
}

.menu > li > a {
}

あとは、プロパティと値を入れていくだけです。インデントの種類や括弧の位置も選択することが可能です。

スポンサードリンク

extractCSSの使い方

extractCSSの使い方は、以下の通りです。

1. extractCSSにアクセスします。
2. 「Type or Paste Your HTML」にHTMLを貼り付けます。

Type or Paste Your HTML

3. 「Options」でインデントの種類や括弧の位置などを決めます。

Options

4. [Extract!]をクリックします。

Extract!

5. 「Extracted CSS」にCSSのひな形が表示されます。

Extracted CSS

作成されたCSSをコピーして、style.cssなどのCSSファイルを作成します。

あとがき

HTMLを見ながらセレクタを書いていくのって、地味に面倒ですよね。extractCSSを使えば、かなり楽できそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。