EC-CUBE4でユーザーのログイン状態を判別する方法

EC-CUBE4でユーザーのログイン状態を判別する方法

EC-CUBE4でユーザーのログイン状態を判別する方法
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  • 広告主様募集中
    格安で広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

EC-CUBE4のページやブロック内で、ログインしているユーザーと未ログインユーザーで表示するコンテンツを切り替える方法をご紹介いたします。

スポンサードリンク

EC-CUBE4でユーザーのログイン状態を判別する方法

ページやブロック内でユーザーのログイン状態を判別するには、以下のようなコードを記述します。

{% if is_granted('ROLE_USER') %}
  <p>ログイン中です</p>
{% else %}
  <p>ログイン中ではありません</p>
{% endif %}

「is_granted(‘ROLE_USER’)」がtrueならログイン状態、falseなら未ログイン状態です。

上記の条件分岐を使えば、簡単にユーザーのログイン状態を判別できます。

あとがき

今回、検証してみた環境はEC-CUBE4.0.3ですが、EC-CUBE3系でも同じ条件分岐でログイン状態を判別可能かと思います。

ユーザーのログイン状態によってコンテンツを切り替えたい時は、ぜひ参考にしていただければと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。