EC-CUBE4で独自テンプレートを追加する方法

EC-CUBE4で独自テンプレートを追加する方法

EC-CUBE4で独自テンプレートを追加する方法
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


  • 一式98,000円~の格安プランをご用意!Web制作お任せください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

EC-CUBEインストール時に用意されているデフォルトテンプレートを元に、独自のテンプレートを追加する方法をご紹介いたします。

EC-CUBE4系の環境で説明していますが、EC-CUBE3系でもやり方は同じです。

スポンサードリンク

EC-CUBE4で独自テンプレートを追加する方法

EC-CUBEがインストールされているサーバーのFTPにアクセスして、下記ディレクトリのファイル一式を丸ごとコピーします。

  • src/Eccube/Resouce/template/default

コピーしたファイル一式を以下ディレクトリに貼り付けます。

  • app/template/default

ファイルをコピーできたら、EC-CUBEの管理画面にアクセスして、[オーナーズストア] – [テンプレート] – [テンプレート一覧]を開きます。

デフォルトテンプレートの右側にあるダウンロードボタンをクリックして、テンプレートファイルをダウンロードします。

テンプレートファイルのダウンロード

続いて、[新規作成]をクリックします。

テンプレートの新規作成

以下情報を入力してください。

独自テンプレートのアップロード
  • テンプレートコード:任意のテンプレートコード(半角英数字/ディレクトリ名などで使われます)
  • テンプレート名:テンプレートの任意の名前
  • テンプレートファイル:ダウンロードしたデフォルトテンプレートのファイル

[登録]をクリックすると、テンプレートが追加されます。追加したテンプレートを選択してサイトに適用しましょう。

独自テンプレートの適用

デフォルトテンプレートをコピーしたテンプレートなので、見た目はデフォルトテンプレートと同じです。これをベースに独自テンプレートをカスタマイズしていきます。

あとがき

EC-CUBEでオリジナルデザインをサイトに反映させる場合は、独自のテンプレートを追加してカスタマイズしています。

デフォルトテンプレートをそのままカスタマイズしていく方もいますが、私は独自テンプレートを追加して分けてあげた方が良いと考えています。

なお、最初にsrc/Eccube/Resouce/template/defaultからapp/template/defaultへとファイルをコピーしていますが、これは必須ではありません。ファイルをコピーしなくても独自テンプレートは追加可能です。

ただ、ファイルのコピーをしなかった場合は、app/template/originaltemplateフォルダ内が空の状態で追加されるので、予めファイルをコピーしておいた方が何かと捗ります。

EC-CUBEに独自テンプレートを追加する際に、参考にしていただけると幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。