インストール後にEC-CUBE3のサイトURLから「html」を除去する方法

インストール後にEC-CUBE3のサイトURLから「html」を除去する方法

インストール後にEC-CUBE3のサイトURLから「html」を除去する方法
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


  • Youtube動画変換・ダウンロードおk!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

EC-CUBEを通常通りインストールすると、「http://ドメイン名/html/」のように、URLにhtmlディレクトリが入ります。この「html」をサイトURLから消す方法をご紹介いたします。

インストール先のディレクトリはそのままで、URLから「html」を除去し、ドメインのルートにアクセスできるようにする方法です。

スポンサードリンク

インストール後にEC-CUBE3のサイトURLから「html」を除去する方法

FTPサーバーにアクセスし、htmlフォルダの中から、以下のファイルを一つ上の階層(ルート)に移動します。

  • .htaccess
  • index.php
  • index_dev.php
  • robots.txt

上の階層にファイルが存在している場合は、上書きしてください。

まずは、index.phpを開いて、autoload.phpへのパスが書かれている箇所を以下のように修正します。

require __DIR__.'/autoload.php';

続いて、index_dev.phpもパスを修正します。index_dev.phpは3箇所あります。

require_once __DIR__.'/autoload.php';
$config_dev_file = __DIR__.'/app/config/eccube/config_dev.yml';
'profiler.cache_dir' => __DIR__.'/app/cache/profiler'

最後に、「app/config/eccube/path.yml」を編集します。root_urlpathから「html」を削除してください。

root_urlpath: /

これで、「http://ドメイン名/」でEC-CUBEにアクセスできるようになったと思います。

あとがき

意外と簡単ですね。EC-CUBE3のサイトURLから「html」を削除したい場合は、ぜひ参考にしていただければと思います。

なお、サイトURLから「index.php」を除去したい場合は、「EC-CUBE3のサイトURLから「index.php」を取り除く方法」をご参照ください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。