EC-CUBEでパスワードを忘れてしまった時に管理画面にログインする方法

EC-CUBEでパスワードを忘れてしまった時に管理画面にログインする方法

EC-CUBEでパスワードを忘れてしまった時に管理画面にログインする方法
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


  • 一式98,000円~の格安プランをご用意!Web制作お任せください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

EC-CUBEで管理者のパスワードを忘れてしまい、管理画面にログインできなくなると非常に困りますよね。そんな時に、無理やり管理画面にログインする方法をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

EC-CUBEでパスワードを忘れてしまった時に管理画面にログインする方法

万が一パスワードを忘れてしまったら、「/data/class/pages/admin」配下にあるLC_Page_Admin_Index.phpを編集します。73行目あたりにある「$this->arrErr = $this->lfCheckError($objFormParam);」をコメントアウトしましょう。

LC_Page_Admin_Index.php

public function action()
    {
        // パラメーター管理クラス
        $objFormParam = new SC_FormParam_Ex();

        switch ($this->getMode()) {
            case 'login':
                //ログイン処理
                $this->lfInitParam($objFormParam);
                $objFormParam->setParam($_POST);
                //$this->arrErr = $this->lfCheckError($objFormParam);
                if (SC_Utils_Ex::isBlank($this->arrErr)) {
                    $this->lfDoLogin($objFormParam->getValue('login_id'));

                    SC_Response_Ex::sendRedirect(ADMIN_HOME_URLPATH);
                } else {
                    // ブルートフォースアタック対策
                    // ログイン失敗時に遅延させる
                    sleep(LOGIN_RETRY_INTERVAL);

                    SC_Utils_Ex::sfDispError(LOGIN_ERROR);
                }
                break;
            default:
                break;
        }

        // 管理者ログインテンプレートフレームの設定
        $this->setTemplate(LOGIN_FRAME);
    }

このように「$this->arrErr = $this->lfCheckError($objFormParam);」をコメントアウトすることで、パスワードのチェックが行われなくなるので、どんなパスワードでもログインできるようになります。

ログイン後は、[システム設定] – [メンバー管理]からパスワードを変更してください。その後、上記のコメントアウトを削除します。

あとがき

覚えておくといざという時に役立つと思います。パスワードを忘れてしまってログインできなくなったら、ぜひお試しください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。