Googleアナリティクスのイベントトラッキングで内部リンクと外部リンクのクリック数を簡単に計測する方法

Googleアナリティクスのイベントトラッキングで内部リンクと外部リンクのクリック数を簡単に計測する方法

Googleアナリティクスのイベントトラッキングで内部リンクと外部リンクのクリック数を簡単に計測する方法
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  • 広告主様募集中
    ワンコインで広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Googleアナリティクスのイベントトラッキングを使って、内部リンクや外部リンクのクリック数を簡単にトラッキングする方法をご紹介いたします。

後述するコードをサイトに追記することで、リンクのクリック数がイベントとしてトラッキングされるようになります。

スポンサードリンク

Googleアナリティクスで内部リンクと外部リンクのクリックを簡単にトラッキングする方法

トラッキング用のコードを追加する

以下のコードを</body>の直前に記述することで、すべてのリンクのクリック数がトラッキングされます。

<script src="//code.jquery.com/jquery-1.11.3.min.js"></script>
<script type="text/javascript">
jQuery(function() { 
  jQuery("a").click(function(e) { 
    var ahref = jQuery(this).attr('href');
    if (ahref.indexOf("サイトのドメイン") != -1 || ahref.indexOf("http") == -1 ) {
      ga('send', 'event', 'Inbound Link', 'Click', ahref);
    } 
    else { 
      ga('send', 'event', 'Outbound Link', 'Click', ahref);
    }
  });
});
</script>

サイトのドメインのところには、設置するサイトのドメインを入れてください。リンクの中にドメインが含まれているかどうかで、内部リンクと外部リンクを区別します。

サイトでjQueryがすでにロードされている場合は、1行目は削除してください。

Googleアナリティクスのトラッキングコードに「Global site tag」と書かれている場合は、以下のように記述します。これは新しいイベントトラッキングでの書き方です。


<script src="//code.jquery.com/jquery-1.11.3.min.js"></script>
<script type="text/javascript">
jQuery(function() {
  jQuery("a").click(function(e) {
    var ahref = jQuery(this).attr('href');
    if (ahref.indexOf("サイトのドメイン") != -1 || ahref.indexOf("http") == -1 ) {
      gtag('event', 'Click', {'event_category': 'Inbound Link','event_label': ahref});
    }
    else {
      gtag('event', 'Click', {'event_category': 'Outbound Link','event_label': ahref});
    }
  });
});
</script>

トラッキングを確認する

コードを設置した翌日以降に、Googleアナリティクスで[行動] – [イベント] – [サマリー]にアクセスしてみましょう。

内部リンクは「Inbound Link」、外部リンクは「Outbound Link」としてトラッキングされています。

リンクのイベントトラッキング

イベントラベルでは、クリックされたリンクのURLを確認することができます。どのリンクがよくクリックされているのか、チェックすることができますね。

リンクのクリック数を個別にトラッキングしたい場合

すべてのリンクではなく、ある特定のリンクだけをトラッキングしたい場合もあるかと思います。その場合は、上記のコードは記述せずに、リンク自体を以下のように変更します。

<a href="URL" onclick="ga('send', 'event', 'カテゴリ', 'アクション', 'ラベル', 値);">アンカーテキスト</a>
カテゴリ(必須) 「Inbound Link」などイベントのカテゴリを記述します。
アクション(必須) 「Click」など行動を記述します。
ラベル リンクのURLなど、細かくイベントを分類したい場合に記述します。
イベント1件あたりの売上など、数値を設定することができます。

ラベルと値は必須ではありませんが、設定しておくとより細かい分析が可能になります。

Googleアナリティクスのトラッキングコードに「Global site tag」と書かれている場合は、以下のように記述します。

<a href="URL" onclick="gtag('event', 'アクション', {'event_category': 'カテゴリ','event_label': 'ラベル'});">アンカーテキスト</a>

ユニバーサルアナリティクスではなく旧バージョンのGoogleアナリティクスを使っている場合は、以下のように記述してください。

<a href="URL" onClick="_gaq.push(['_trackEvent', 'カテゴリ', 'アクション', 'ラベル',値]);">アンカーテキスト</a>

イベントトラッキングしたいリンクが少ない場合は、こちらの方法でも良いですね。

あとがき

リンクのクリック数をトラッキングして効果測定を行いたいケースって、結構多いのではないでしょうか。イベントトラッキングを活用して、より細かくアクセス解析を行うことで、サイトの改善に役立てましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。