画像をSVG(ベクターデータ)に変換することができるWEBサービス「PicSVG」

画像をSVG(ベクターデータ)に変換することができるWEBサービス「PicSVG」

画像をSVG(ベクターデータ)に変換することができるWEBサービス「PicSVG」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


  • Amazonギフト券を安く買って、予算内で商品が探せるサイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

PicSVGは、画像をSVG(ベクターデータ)に変換してくれるWEBサービスです。

前にPNGとGIFをSVGに変換するZorroSVGというサービスを紹介しましたが、PicSVGはJPEGにも対応しています。また、PicSVGではベクターデータとして出力されるため、それを基に加工することも可能になっています。

スポンサードリンク

PicSVGの使い方

PicSVGにアクセスして、[Upload a picture]から画像をアップロードします。ファイルの容量は、1MBまでしか対応していないのでご注意ください。

画像ファイルの選択

ファイルがアップロードされると、プレビューが表示されます。

プレビュー

[Download Image.svg]を右クリックして、[名前を付けてリンク先を保存]します。

ベクターデータの保存

あとがき

サクッと変換して加工したい時に便利です。Illustratorで画像トレースしてもいいですが、PicSVGだと各パーツ毎にオブジェクトが分かれてくれるので、ゴリゴリにIllustratorを使いこなせているわけではない自分としてはありがたいです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。