アクセスするだけでブラウザの表示領域のサイズを調べることができる「Viewport Checker」

アクセスするだけでブラウザの表示領域のサイズを調べることができる「Viewport Checker」

アクセスするだけでブラウザの表示領域のサイズを調べることができる「Viewport Checker」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


  • 一式98,000円~の格安プランをご用意!Web制作お任せください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Viewport Checkerは、アクセスするだけでブラウザの表示領域のサイズを調べることができるWEBサービスです。アクセス元デバイスの表示領域のサイズを表示してくれるため、正確な表示サイズをチェックすることができます。

スポンサードリンク

Viewport Checkerの使い方

Viewport Checkerにアクセスするだけです。ほんとそれだけ。

Viewport Checker

「JS window inner size」は、JavaScriptのwindow.innerWidthとwindow.innerHeightで取得される値が表示されます。

また、スクロールするとブラウザのヘッダーやフッターに表示されているツールバーなどが非表示になる場合は、その動きに合わせて数値もリアルタイムで変わるようになっています。そのため、Viewport Checkerはスクロールできるように設計されています。

あとがき

デザインやコーディングする時に、正確な表示領域を調べたい時に便利ですね。

詳しい説明は作者であるTakumi Hasegawaさんのnoteに掲載されていますので、ぜひご参照ください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。