Gutenbergがリリースされた後も旧エディターを使い続けるようにするWordPressプラグイン「Classic Editor」

Gutenbergがリリースされた後も旧エディターを使い続けるようにするWordPressプラグイン「Classic Editor」

Gutenbergがリリースされた後も旧エディターを使い続けるようにするWordPressプラグイン「Classic Editor」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


  • 一式98,000円~の格安プランをご用意!Web制作お任せください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Classic Editorは、WordPress5.0から導入される予定の新エディター「Gutenberg」のリリース後も、旧エディターを使い続けることができるようになるWordPressプラグインです。

Gutenberg導入の準備がまだ出来ていない場合は、Classic Editorを導入しておくと、WordPress5.0以降にアップデート後も旧エディターを使い続けることができます。

スポンサードリンク

Classic Editorのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. Classic Editorをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Classic Editorを有効化します。

Classic Editorの設定

WordPress管理画面で[設定] – [投稿設定]にアクセスすると、「旧エディター設定」という項目が追加されています。

旧エディター設定

「Gutenberg エディターをクラシック (旧型) エディターに置き換えます」にチェックを入れると、投稿編集画面はすべてGutenbergは使わず旧エディターになります。

「Gutenberg エディターをデフォルトで使い、旧エディターへのリンクを含める」にチェックを入れると、デフォルトのエディターはGutenbergを使いますが、投稿一覧や新規追加ボタンに旧エディターを起動するリンクが表示されるようになります。

旧エディターへのリンクを含める

旧エディターのリンクから編集画面を開けば、今まで通り旧エディターが使用できます。

あとがき

Gutenbergは今までのエディターとはガラリと変わるので、まだGutenberg導入の準備が整っていない場合は、準備が整うまではClassic Editorを導入しておきましょう。

※2018/11/09追記
Classic Editorの公式サポートは、2021年12月31日までの予定とのことです。ただ、2021年の末に延長するかどうか、再度検討するみたいです。
参考:Classic Editor Plugin Support Window

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。