簡単に高機能なお問い合わせフォームを設置できるWordPressプラグイン「Contact Form 7」

簡単に高機能なお問い合わせフォームを設置できるWordPressプラグイン「Contact Form 7」

簡単に高機能なお問い合わせフォームを設置できるWordPressプラグイン「Contact Form 7」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  • 広告主様募集中
    格安で広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

WordPressサイトにお問い合わせフォームを設置したい場合は、Contact Form 7 プラグインを使うのをおすすめします。

Contact Form 7 は使い方も簡単で、作成したフォームを設置するには固定ページや投稿内にショートコードを挿入するだけでOKです。

スポンサードリンク

Contact Form 7 のインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. Contact Form 7をダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Contact Form 7プラグインを有効化します。

お問い合わせフォームの作成

Contact Form 7 をインストールすると、管理画面に[お問い合わせ]という項目が出てきます。お問い合わせフォームを作成するためには、[お問い合わせ] – [新規追加] へと進みます。

お問い合わせ

最初にフォームの言語を選択します。「デフォルトの言語を使用する(日本語)」でOKなので、そのまま[新規追加]をクリックします。

言語の選択

お問い合わせフォームの作成画面が表示されます。

お問い合わせフォームの作成画面

右側の[タグの作成]でフォームのタグを作成します。作成したいフォームの種類を選択すると、以下のように詳細な設定画面が表示されます。

タグの作成

名前 フォームタグの名前を入力します。
id (オプション) フォームタグのIDを指定したい場合は入力します。
class (オプション) フォームタグのクラスを指定したい場合は入力します。
size (オプション) サイズを指定したい場合は入力します。
maxlength (オプション) 最大長を指定したい場合は入力します。
デフォルト値 (オプション) フォームのデフォルト値を入力します。

※これはテキストフォームを設置する場合の説明です。

フォームタグの設定が完了したら、「このコードをコピーして、左のフォーム内にペーストしてください」と書かれているところのショートコードを左側の「フォーム」内にコピーします。

続いて、「それから、このコードを下のメールの項目中に置いてください」と書かれているところのショートコードを下の「メッセージ本文」内にコピーします。

このように、必要なフォームタグを作成して、フォームを追加していきます。

さらに、下の方に「メッセージ」という項目がありますが、これはフォームが送信されたときに表示されるメッセージです。必要に応じて変更してください。

メッセージ

お問い合わせフォームの設置

フォームが作成できたら、作成したフォームを固定ページや投稿内に設置します。

設置方法は簡単で、お問い合わせフォームを作成した時に生成された以下のようなショートコードを貼り付けるだけです。

ショートコード

Akismetを活用したスパム判定

Akismetを有効化していれば、関連オプションをフォームに追加することで、スパム判定を行うことができます。

名前のスパム判定 text* your-name akismet:author
メールアドレスのスパム判定 email* your-email akismet:author_email
URLのスパム判定 text your-url akismet:author_url

※ショートコードは [] で囲ってください。

詳細については、公式サイトをご参照ください。

特別なメールタグ

Contact Form 7では、送信者のIPアドレスやページタイトル、ユーザー名などを取得するための特殊なメールタグが用意されています。以下のショートコードをフォームや送信メールの設定内に記述することで、それぞれの情報を取得できます。

_remote_ip 送信者のIPアドレス
_user_agent 送信者のユーザーエージェント
_url ページのURL
_date 送信日
_time 送信時間
_invalid_fields 不正な入力のあった入力項目の数
_serial_number シリアルナンバー
_post_id 投稿ID
_post_name スラッグ
_post_title ページタイトル
_post_url パーマリンク
_post_author 投稿の作成者
_post_author_email 投稿作成者のメールアドレス
_site_title サイトタイトル
_site_description サイトの説明文
_site_url サイトURL
_site_admin_email 管理ユーザーのメールアドレス
_user_login ユーザーのログイン名
_user_email ユーザーのメールアドレス
_user_url ユーザーのサイトURL
_user_first_name ユーザーの名
_user_last_name ユーザーの姓
_user_nickname ユーザーのニックネーム
_user_display_name ユーザーの表示名

※ショートコードは [] で囲ってください。

詳しくは、公式サイトをご参照ください。

あとがき

簡単にフォームが設置できて、かつ高機能ですね。おすすめのフォームプラグインです。私もフォームを作成するときは、いつもContact Form 7を利用しています。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。