サイトの健全性をチェックできるWordPressプラグイン「Health Check & Troubleshooting」

サイトの健全性をチェックできるWordPressプラグイン「Health Check & Troubleshooting」

サイトの健全性をチェックできるWordPressプラグイン「Health Check & Troubleshooting」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


  • 一式98,000円~の格安プランをご用意!Web制作お任せください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Health Check & Troubleshootingは、プラグインやテーマのバージョンが最新に保たれているかやデバッグ情報などから、サイトの健全性をチェックすることができるWordPressプラグインです。

トラブルシューティングモードという機能も搭載されていて、訪問者に影響を与えずにプラグインをすべて無効化し、テーマをデフォルトテーマに変更できます。サイトに何か問題が発生した場合に、訪問者にはいつも通りのサイトを表示しつつ調査を行うことができますね。

スポンサードリンク

Health Check & Troubleshootingのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. Health Check & Troubleshootingをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Health Check & Troubleshootingを有効化します。

Health Check & Troubleshootingの使い方

プラグインを有効化すると、[ダッシュボード] – [Health Check]というメニューが追加されます。[ダッシュボード] – [Health Check]にアクセスすると、下記の項目をチェックすることができます。

サイトステータス

プラグインやテーマのバージョン、PHP・DBのバージョンなど、サイトのステータスをチェックできます。

サイトステータス

デバッグ情報

WordPressサイトのデバッグ情報を確認できます。[コピーペースト欄を表示]をクリックすると、デバッグ情報をコピーすることができます。

デバッグ情報

コピーしたデバッグ情報がこちら↓


### WordPress ###

バージョン: 5.0.2
言語: ja
パーマリンク構造: /%year%/%monthnum%/%day%/%postname%/
サイトは HTTPS を使用していますか ?: いいえ
サイト上で誰でも会員登録ができますか ?: いいえ
デフォルトコメントステータス: open
マルチサイトですか ?: いいえ
ユーザー数: 3
WordPress.org との通信: WordPress.org にアクセス可能
ループバックリクエストを作成: サイトへのループバックリクエストは正常に完了しました。

### インストールサイズ ###

アップロードディレクトリ: 14.80 MB
テーマディレクトリ: 3.10 MB
プラグインディレクトリ: 13.16 MB
データベースの容量: 2.69 MB
WordPress ディレクトリ全体: 70.90 MB
合計インストールサイズ: 73.59 MB

### 使用中のテーマ ###

名前: Twenty Seventeen
バージョン: 1.9
作者: WordPress チーム
作者サイト: https://ja.wordpress.org/
親テーマ: 子テーマではありません
サポートされているテーマ機能: automatic-feed-links, title-tag, post-thumbnails, menus, html5, post-formats, custom-logo, customize-selective-refresh-widgets, editor-style, editor-styles, wp-block-styles, responsive-embeds, starter-content, custom-header, widgets

### その他のテーマ (2) ###

Twenty Nineteen (twentynineteen): バージョン 1.1 (作者: WordPress チーム)
Twenty Sixteen (twentysixteen): バージョン 1.7 (作者: WordPress チーム)

### MU プラグイン (1) ###

Health Check Troubleshooting Mode: バージョン 1.5.0

### 使用中のプラグイン (6) ###

AddQuicktag: バージョン 2.5.3 (作者: Frank Bültge)
Advanced Custom Fields: バージョン 5.7.9 (作者: Elliot Condon)
Contact Form 7: バージョン 5.1.1 (作者: Takayuki Miyoshi)
Health Check & Troubleshooting: バージョン 1.2.3 (作者: The WordPress.org community)
Show Current Template: バージョン 0.3.0 (作者: JOTAKI Taisuke)
WP Multibyte Patch: バージョン 2.8.2 (作者: Seisuke Kuraishi)

### 無効化状態のプラグイン (3) ###

Classic Editor: バージョン 1.3 (作者: WordPress Contributors)
Gutenberg: バージョン 4.7.1 (作者: Gutenberg Team)
Theme Check: バージョン 20160523.1 (作者: Otto42, pross)

### メディアハンドリング ###

使用中のエディター: WP_Image_Editor_Imagick
Imagick モジュールバージョン: 1687
ImageMagick バージョン: ImageMagick 6.9.7-4 Q16 x86_64 20170114 http://www.imagemagick.org
Imagick リソースリミット:
area: 122 MB
disk: 1073741824
file: 786432
map: 512 MB
memory: 256 MB
thread: 1
GD バージョン: bundled (2.1.0 compatible)
Ghostscript バージョン: 9.20

### サーバー ###

サーバー構造: Linux 4.9.93-boot2docker x86_64
PHP バージョン: 7.2.9 (64bit 値をサポート)
PHP SAPI: fpm-fcgi
PHP 最大入力変数 (max input variables): 4000
PHP タイムリミット: 1200
PHP メモリ上限: 256M
最大入力時間 (max input time): 600
アップロードの上限ファイルサイズ: 300M
PHP 投稿の上限サイズ: 1000M
cURL パージョン: 7.52.1 OpenSSL/1.0.2l
SUHOSIN がインストールされています: いいえ
Imagick ライブラリの使用可否: はい
htaccess ルール: 現在の htaccess ファイルには WordPress のコア機能のみが書かれています。

### データベース ###

拡張: mysqli
サーバーバージョン: 5.7.23
クライアントバージョン: mysqlnd 5.0.12-dev - 20150407 - $Id: 38fea24f2847fa7519001be390c98ae0acafe387 $
データベースプレフィックス: wp_

### WordPress 定数 ###

ABSPATH: /app/public/
WP_HOME: 未定義
WP_SITEURL: 未定義
WP_DEBUG: 無効
WP_MAX_MEMORY_LIMIT: 256M
WP_DEBUG_DISPLAY: 有効
WP_DEBUG_LOG: 無効
SCRIPT_DEBUG: 無効
WP_CACHE: 無効
CONCATENATE_SCRIPTS: 未定義
COMPRESS_SCRIPTS: 未定義
COMPRESS_CSS: 未定義
WP_LOCAL_DEV: 未定義

### ファイルシステムパーミッション ###

WordPress のメインディレクトリ: 書き込み可能
wp-content ディレクトリ: 書き込み可能
uploads ディレクトリ: 書き込み可能
plugins ディレクトリ: 書き込み可能
themes ディレクトリ: 書き込み可能
MU プラグインディレクトリ: 書き込み可能

トラブルシューティング

トラブルシューティングモードを有効化できます。トラブルシューティングモードを有効化すると、すべてのプラグインが無効化され、テーマがデフォルトテーマに切り替わります。サイト訪問者にはいつも通りのサイトが表示されます。

トラブルシューティング

PHP情報

phpinfo関数で表示される情報(PHPの設定情報)を確認できます。

PHP情報

ツール

ファイルの整合性とメール送信のチェックが行なえます。

ファイルの整合性とメール送信

それぞれチェックを行ってみた結果がこちら↓

整合性チェックとメール送信の結果

あとがき

サイト訪問者に影響を与えずにトラブルシューティングできるのは素晴らしい機能ですね。

サイトの健全性をチェックしたい時やサイトに問題が発生した際は、ぜひご活用ください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。