WordPressのプライバシー設定で指定しているプライバシーポリシーページを判別する条件分岐「is_privacy_policy」

WordPressのプライバシー設定で指定しているプライバシーポリシーページを判別する条件分岐「is_privacy_policy」

WordPressのプライバシー設定で指定しているプライバシーポリシーページを判別する条件分岐「is_privacy_policy」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


  • 一式98,000円~の格安プランをご用意!Web制作お任せください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

EUのGDPRへの対応を支援するために、WordPress4.9.6から管理画面に「プライバシー設定」という項目が追加されました。

参考:WordPress 4.9.6 プライバシー・メンテナンスリリース

[設定] – [プライバシー]にアクセスすると、プライバシーポリシーページを設定することができます。

WordPressのプライバシー設定

今回は、このプライバシー設定で指定されているプライバシーポリシーページをテーマ内で判別する方法をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

WordPressのプライバシー設定で指定しているプライバシーポリシーページを判別する条件分岐

プライバシーポリシーページを判別するには、is_privacy_policy()を使います。いつの間にか条件分岐が追加されていたと思ったら、WordPress5.2で導入されたみたいです。

具体的には、以下のように条件分岐させることが可能です。

<?php if( is_privacy_policy() ): ?>
プライバシーポリシーページでの処理
<?php else: ?>
プライバシーポリシーページ以外の処理
<?php endif; ?>

プライバシーポリシーページでのみ何らかの処理を行いたい場合は、is_privacy_policy()を使えば簡単に判別できますね。

あとがき

従来通りis_page()を使っても判別可能ですが、プライバシーポリシーページだけで表示を切り替えたいとか、特定の処理を行いたい時はわかりやすいと思います。

使う機会はあまりないかもしれませんが、参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。