プラグインを読み込むページや端末を制御できるWordPressプラグイン「Plugin Load Filter」

プラグインを読み込むページや端末を制御できるWordPressプラグイン「Plugin Load Filter」

プラグインを読み込むページや端末を制御できるWordPressプラグイン「Plugin Load Filter」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  • 広告主様募集中
    格安で広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Plugin Load Filterは、プラグインを読み込むページや端末を制限できるWordPressプラグインです。

一部のページでのみプラグインのファイルを読み込ませることができるため、プラグインが必要ないページでの無駄な読み込みを減らすことができます。

スポンサードリンク

Plugin Load Filterのインストール

インストール手順は以下の通りです。

ファイルをFTPでアップロードしてインストール

  1. Plugin Load Filterをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、plugin load filterを有効化します。

WordPress管理画面でインストール

  1. [プラグイン] – [新規追加]にアクセスします。
  2. 「Plugin Load Filter」で検索します。
  3. [今すぐインストール]をクリックして、Plugin Load Filterをインストールします。
  4. [有効化]をクリックしてプラグインを有効化します。

Plugin Load Filterの設定

[プラグイン] – [Plugin Load Filter]にアクセスして、「Page Type フィルタ」で制御したいプラグインの挙動を選択します。

Plugin Load Filterの設定
Normal Mode 通常通りの挙動
Admin Page 管理画面でのみ読み込まれる
Page Type 設定したフィルターでのみ読み込まれる

下の方にスクロールすると、[フィルター登録]というボタンがあるのでクリックして保存します。([プラグイン] – [Plugin Load Filter]の画面を開いた段階では、完全に隠れているので見逃しそうになりました…)

フィルター登録

[Page Typeフィルタ有効プラグイン選択]のタブに移動して、Page Typeを設定したプラグインを読み込むページを選択します。

Page Typeフィルタ有効プラグイン選択

選択したら[有効化プラグイン登録]をクリックして、設定を保存します。

投稿や固定ページで個別に設定する

投稿や固定ページの編集画面に[Plugin Load Filter]という項目が追加されるので、ページ個別にプラグインの読み込みを制御することもできます。

投稿や固定ページで個別にプラグインの読み込みを制御

あとがき

特定の投稿タイプでのみプラグインを読み込んだり、スマホでのみ有効にするといったことができて便利ですね。

限られたページでしか使わないプラグインでも、必要なファイルが全ページで読み込まれることがほとんどだと思います。極力無駄な読み込みを停止したいとお考えの方は、ぜひ導入をご検討ください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。