カスタム投稿タイプのパーマリンクをカスタマイズできるWordPressプラグイン「Simple Post Type Permalinks」

カスタム投稿タイプのパーマリンクをカスタマイズできるWordPressプラグイン「Simple Post Type Permalinks」

カスタム投稿タイプのパーマリンクをカスタマイズできるWordPressプラグイン「Simple Post Type Permalinks」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  • 広告主様募集中
    格安で広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Simple Post Type Permalinksは、カスタム投稿タイプのパーマリンクを投稿と同じように設定変更できるようになるWordPressプラグインです。

スポンサードリンク

Simple Post Type Permalinksのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. Simple Post Type Permalinksをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Simple Post Type Permalinksを有効化します。

管理画面でカスタム投稿タイプのパーマリンク設定を変更する方法

WordPress管理画面で[設定] – [パーマリンク設定]にアクセスすると、「Custom Post Type Permalink Settings」という項目が追加されています。

カスタム投稿のパーマリンク設定

「Custom Post Type Permalink Settings」にて、各カスタム投稿タイプのパーマリンクを設定します。

パーマリンク設定では、以下のタグが使用可能です。

%post_id% 投稿ID
%postname% 投稿名
%year%
%monthnum%
%day%
%hour% 時間
%minute%
%second%
%author% 著者

管理画面ではなくPHPでパーマリンクを設定する方法

functions.phpにregister_post_typeを記述してカスタム投稿を定義している場合、「sptp_permalink_structure」という設定値を追記することで、パーマリンクを設定できます。

具体的には、以下のように記述します。

register_post_type( 'foo',
    array(
        "public" => true,
        'has_archive' => true,
        "rewrite" => [
            "with_front" => true
        ],
        "sptp_permalink_structure" => "foo/%post_id%"
    )
);

上記の場合、”foo”というカスタム投稿のパーマリンク設定が「foo/投稿ID」に変更されます。

あとがき

カスタム投稿タイプのパーマリンクを変更できるプラグインといえば「Custom Post Type Permalinks」が有名ですが、Simple Post Type Permalinksもシンプルで使いやすいですね。

カスタム投稿タイプのパーマリンクを変更したい時は、ぜひご活用ください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。