手軽にサイトを多言語化できるWordPressプラグイン「Weglot Translate」

手軽にサイトを多言語化できるWordPressプラグイン「Weglot Translate」

手軽にサイトを多言語化できるWordPressプラグイン「Weglot Translate」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  • 24時間注文・入稿受付OK。実績と信頼の「印刷の通販 グラフィック」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Weglot Translateは、簡単な設定を行うだけでサイトを多言語化できるWordPressプラグインです。

手軽に使えますが、翻訳機能を利用するためにはアカウント登録が必要で、無料版には制限もあります。

スポンサードリンク

無料版での制限

Weglot Translateは無料でも使えますが、以下のような制限があります。

  • 翻訳できる言語は1つまで
  • 月に2000語まで

複数の言語に翻訳する必要があったり、コンテンツ量が多い場合は有料版を検討しましょう。料金はこちらに記載されています。

Weglot Translateのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. Weglot Translateをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Weglot Translateを有効化します。

Weglot Translateの使い方

管理メニューに[Weglot]という項目が追加されるので、アクセスして設定します。

APIキーを取得するために、「Weglotにログインして API キーを取得します」のところからアカウント登録します。

アカウント登録

アカウント登録すると認証メールが送られてくるので、メール内のリンクからアカウントを有効化します。

APIキーが表示されるので、設定画面の「APIキー」に入力します。

APIキー

翻訳元言語では翻訳元である「Japanese」を選択し、翻訳先言語では翻訳させたい言語を選択します。

翻訳言語の選択

[変更を保存]をクリックすると、自動翻訳が実行されます。

自動翻訳の実行

サイトにアクセスすると、右下に言語スイッチャーが表示されますので、そこから言語を切り替えます。

言語切り替えボタン

言語スイッチャーは、[外観] – [メニュー]や[外観] – [ウィジェット]で設置することもできます。メニューやウィジェットに設置すると、標準の右下の言語スイッチャーは消えます。

言語を切り替えると、以下のようにテキスト部分は一通り翻訳されます。

翻訳されたサイト

なお、今回は翻訳先言語で英語を選択したので、「/en/」というサブディレクトリに英語のページが表示されました。

Weglot Translateの詳細設定

APIキーを設定した後で[Weglot]にアクセスすると、詳細設定が表示されます。

言語ボタンデザイン

言語ボタンデザインでは、言語スイッチャーのデザインを変更できます。

言語ボタンデザイン
ボタンプレビュー 言語スイッチャーのプレビュー
ドロップダウンボックス チェックを外すと言語ボタンが展開
国旗の表示 国旗の有無
国旗の種類 国旗の見た目
言語名を表示 言語名の表示
フルネーム表示 言語名を省略して表示
CSSの上書き CSS追加

翻訳除外

翻訳除外では、自動翻訳から除外したいページや場所を指定できます。ページのURLか、クラス名で指定します。

除外設定

その他オプション

その他オプションでは、接続元に応じて言語を自動的に選択させたり、送信メールの翻訳を有効化したりできます。

その他オプション
自動リダイレクト 接続元に応じて言語を自動選択
メールを翻訳 送信メールを翻訳
AMP翻訳 AMPページの翻訳
WordPressの検索 サイト内検索への対応
プライベートモード 管理者のみ翻訳を有効化

あとがき

自動翻訳でもなかなか精度は高そうです。

ただ、さすがに2000語はすぐに超えそうなので、有料版で使うことを前提に導入を検討した方が良さそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。