画像などメディアファイルの保存先を変更できるWordPressプラグイン「WP Original Media Path」

画像などメディアファイルの保存先を変更できるWordPressプラグイン「WP Original Media Path」

画像などメディアファイルの保存先を変更できるWordPressプラグイン「WP Original Media Path」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  • 広告主様募集中
    格安で広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

WP Original Media Pathは、画像などのメディアファイルの保存先を変更できるWordPressプラグインです。

通常は、メディアライブラリからアップロードされた画像などは「wp-content/uploads」に保存されます。WP Original Media Pathを使うと、メディアの保存先を好きなフォルダに変更することができます。

スポンサードリンク

WP Original Media Pathのインストール

インストール手順は以下の通りです。

ファイルをFTPでアップロードしてインストール

  1. WP Original Media Pathをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、WP Original Media Pathを有効化します。

WordPress管理画面でインストール

  1. [プラグイン] – [新規追加]にアクセスします。
  2. 「WP Original Media Path」で検索します。
  3. [今すぐインストール]をクリックして、WP Original Media Pathをインストールします。
  4. [有効化]をクリックしてプラグインを有効化します。

WP Original Media Pathの設定

プラグインを有効化したら、WordPress管理画面で[設定] – [WP Original Media Path]にアクセスします。「Full URL path to files」で保存先のURLを指定すると、メディアのアップロード先が変更されます。

メディアのアップロード先変更

また、「Expert mode」にチェックを入れると、「Store uploads in this folder」という項目が表示され、WordPressインストールディレクトリからの相対パスでの指定もできます。

相対パスでのフォルダ指定

なお、既存の画像については投稿内での表示には影響しませんが、メディアライブラリ内ではリンク切れしてしまいます。これは、FTP経由で変更した保存先に画像をコピーすることで解消できます。

あとがき

メディアファイルの保存先を任意の場所に変更したい時は、ぜひWP Original Media Pathの導入をご検討ください。

ちなみに、wp_upload_dir関数で取得される情報もWP Original Media Pathで変更した保存先に変わります。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。