phpMyAdminで500エラー発生!容量の大きなデータベースをインポートするときに便利な「BigDump」

phpMyAdminで500エラー発生!容量の大きなデータベースをインポートするときに便利な「BigDump」

phpMyAdminで500エラー発生!容量の大きなデータベースをインポートするときに便利な「BigDump」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 広告主様募集中
    ワンコインで広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エックスサーバーにサイトを移行しようとしたら、データベースのインポートで500 Internal Server Errorが発生して、うまくインポートできませんでした。

エックスサーバーでインポートできるデータベースの最大容量は200MBくらいです。インポートしようとしていたデータベースは、許容範囲とはいえ100MBくらいあったので、データベースの容量が大き過ぎるせいで500エラーが発生していました。

そこで、phpMyAdminからではなく、BigDumpというPHPのプログラムを使ったところ、無事インポートすることができました。

備忘録も兼ねて、BigDumpの使い方についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

BigDumpの使い方

1. 配布サイトにアクセスして、BigDumpをダウンロードします。

BigDumpのダウンロード

2. bigdump.phpをテキストエディタで開き、以下の箇所(41行目くらい)にデータベース名などの接続情報を記述します。

$db_server = 'localhost';
$db_name = '';
$db_username = '';
$db_password = ''; 

3. サーバーの適当なディレクトリ内にbigdump.phpをアップロードします。
4. 同じディレクトリ内にデータベースファイルをアップロードします。データベースは圧縮せずに.sqlの状態でアップロードしてください。
5. ブラウザでbigdump.phpにアクセスします。(例:http://hogehoge.com/bd/bigdump.php)
6. 表示されたデータベースのファイル名を確認して、[Start Import]をクリックします。

Start Import

7. インポートが完了するまでしばし待ちます。

インポート中

インポートが完了したら、念のためにphpMyAdminで確認しておきましょう。

あとがき

データベースの容量が大きくて、phpMyAdminでのインポートがうまくいかない場合は、ぜひお試しください。

BigDumpでのインポート中にエラーが発生する場合は、データベースをエクスポートする際に「作成するクエリの最大長」を小さな数字(例えば1000とか)にするとうまくいくと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。