WordPressサイトでbodyにブラウザ名のクラスを追加する方法

WordPressサイトでbodyにブラウザ名のクラスを追加する方法

WordPressサイトでbodyにブラウザ名のクラスを追加する方法
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • これからはアルトコインの時代、1000倍になるコイン情報を教えます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressのbodyに閲覧しているブラウザ名のクラスを追加する方法をご紹介いたします。

スポンサードリンク

WordPressサイトでbodyにブラウザ名のクラスを追加する方法

functions.phpに以下のコードを追加することで、bodyにブラウザ名のクラスが追加されます。

functions.php
function add_body_browser($classes) {
global $is_lynx, $is_chrome, $is_safari, $is_opera, $is_IE, $is_NS4, $is_gecko, $is_iphone;
if($is_lynx) $classes[] = 'lynx';
elseif($is_chrome) $classes[] = 'chrome';
elseif($is_safari) $classes[] = 'safari';
elseif($is_opera) $classes[] = 'opera';
elseif($is_IE) $classes[] = 'ie';
elseif($is_NS4) $classes[] = 'ns4';
elseif($is_gecko) $classes[] = 'gecko';
else $classes[] = 'unknown';
if($is_iphone) $classes[] = 'iphone';
return $classes;
}
add_filter('body_class','add_body_browser');

例えば、Google Chromeでアクセスした場合は「chrome」、Safariの場合は「safari」といったクラスがbodyに追加されます。

あとがき

ブラウザ名のクラスをbodyに追加することで、ブラウザ毎にスタイルを指定することが簡単にできますね。ブラウザによってスタイルを変更したい際は、ぜひ参考にしていただければと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。