構造化データによる検索結果の検証ができるGoogleのツール「リッチ検索結果テスト」

構造化データによる検索結果の検証ができるGoogleのツール「リッチ検索結果テスト」

構造化データによる検索結果の検証ができるGoogleのツール「リッチ検索結果テスト」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  • 広告主様募集中
    ワンコインで広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

リッチ検索結果テストは、構造化データによる検索結果の検証ができるツールです。いわゆるリッチスニペットがチェックできるツールですが、今後は”リッチ検索結果”という呼び方で統一されるようです。

スポンサードリンク

リッチ検索結果テストがサポートしている構造化データ

現時点(2017/12/23)では、以下の4種類にしか対応していません。今後増えていくと思われますが、今のところは限られたサイトでしか確認ができません。

  • Recipe(レシピ)
  • Movie(映画)
  • Job posting(求人)
  • Course(講座)

リッチ検索結果テストの使い方

リッチ検索結果テストにアクセスして、確認したいサイトのURLを入力するだけです。

リッチ検索結果テストの使い方

[テストを実行]をクリックすると、分析が開始されます。

リッチ検索結果テストの分析結果

あとがき

リッチ検索結果テストは、構造化データテストツールの後継ツールです。サポートされているタイプのサイトではない場合は、構造化データテストツールを使うと良いかと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。