WordPressの管理画面で投稿一覧や固定ページ一覧にスラッグ(URL)を表示させる方法

WordPressの管理画面で投稿一覧や固定ページ一覧にスラッグ(URL)を表示させる方法

WordPressの管理画面で投稿一覧や固定ページ一覧にスラッグ(URL)を表示させる方法
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • Youtube動画変換・ダウンロードおk!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

管理画面の投稿・固定ページ一覧は、デフォルトだと表示されるカラムは少ないですよね。「タイトル」「作成者」「コメント数」「日時」くらいしか表示されません。投稿一覧の場合は、あと「カテゴリー」と「タグ」ですね。

シンプルなのはいいことですが、一覧にスラッグ(URL)くらいは表示させてもいいと思います。タイトルだけだとどんなページかわかりにくい場合でも、スラッグが表示されていることで一覧から内容を思い出せることもあるので便利です。

スポンサードリンク

投稿一覧にスラッグを表示させる方法

投稿一覧にスラッグを表示するには、適用しているテーマのfunctions.phpに以下を追加します。

function add_posts_columns_name($columns) {
$columns['slug'] = 'スラッグ';
return $columns;
}
function add_posts_columns_slug($column_name, $post_id) {
if( $column_name == 'slug' ) {
$slug = get_post($post_id) -> post_name;
echo esc_attr($slug);
}
}
add_filter( 'manage_posts_columns', 'add_posts_columns_name' );
add_action( 'manage_posts_custom_column', 'add_posts_columns_slug', 10, 2 );

コードを追加したら、以下のように投稿一覧にスラッグの列が追加されます。

コードを追加したら、以下のように投稿一覧にスラッグの列が追加されます

固定ページ一覧にスラッグを表示させる方法

固定ページ一覧にスラッグを表示させるためには、使っているテーマディレクトリ内の functions.php をカスタマイズします。

functions.php に以下のコードを追加することで、固定ページ一覧にスラッグを表示させることができます。

function add_page_columns_name($columns) {
$columns['slug'] = "スラッグ";
return $columns;
}
function add_page_column($column_name, $post_id) {
if( $column_name == 'slug' ) {
$post = get_post($post_id);
$slug = $post->post_name;
echo attribute_escape($slug);
}
}
add_filter( 'manage_pages_columns', 'add_page_columns_name');
add_action( 'manage_pages_custom_column', 'add_page_column', 10, 2);

コードを追加したら、以下のように固定ページの一覧にスラッグの列が追加されます。

固定ページにスラッグを表示

あとがき

上述したコードをコピペで追加するだけで、投稿一覧や固定ページ一覧にスラッグを表示させることができるのでぜひ試してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。