WordPressの記事ページで著者のプロフィール情報を表示する方法

WordPressの記事ページで著者のプロフィール情報を表示する方法

WordPressの記事ページで著者のプロフィール情報を表示する方法
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 次世代の暗号通貨投資法!初心者でも!どなたでも年利36.27% ⁉︎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPress管理画面の[ユーザー] – [あなたのプロフィール]では、名前やニックネームなどのプロフィールを設定することができます。

これらのプロフィール情報を記事ページ内に表示する方法をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

WordPressの記事ページで著者のプロフィール情報を表示する方法

ユーザー名

まずは、ユーザー名を表示する方法です。ユーザー名を表示するには、the_author_loginを使用します。

<?php the_author_login(); ?>

テーマ内でこのように記述することでユーザー名を表示することができます。

名(ファーストネーム)を表示するには、the_author_firstnameを使用します。

<?php the_author_firstname(); ?>

姓(ラストネーム)を表示するには、the_author_lastnameを使用します。

<?php the_author_lastname(); ?>
ニックネーム

ニックネームは、the_author_nicknameで表示することができます。

<?php the_author_nickname(); ?>
ブログ上の表示名

ブログ上の表示名は、the_authorで表示できます。

<?php the_author(); ?>

著者別アーカイブページへのリンク付きにしたい場合は、the_author_posts_linkで実現できます。

<?php the_author_posts_link(get_the_author_id()); ?>

get_the_author_idで閲覧している記事のユーザーIDを取得します。取得したユーザーのアーカイブページへのリンク付きで「ブログ上の表示名」が出力されます。

プロフィール画像

プロフィール画像を表示するには、get_avatarを使用します。

<?php echo get_avatar( get_the_author_id(), 85 ); ?>

85の部分では画像の横幅を指定します。プロフィール画像は、Simple Local Avatarsなどのプラグインを使うと簡単に設定できます。

プロフィール画像が表示されない場合は、WordPress管理画面の[設定] – [ディスカッション]を確認してみてください。アバターの表示で「アバターを表示する」にチェックが入っていないと、プロフィール画像は表示されません。意外と盲点なので、今一度設定をチェックしておきましょう。

アバターを表示する

author.phpなどのアーカイブページで表示させる場合は、以下のように引数に$authorを入れないと表示できませんでした。

<?php echo get_avatar( $author, 85 ); ?>
著者別アーカイブページのURL

the_author_posts_linkを使えば、著者別アーカイブページへのリンク付きで”ブログ上の表示名”を表示することができますが、プロフィール画像にリンクを付けたいなど、アーカイブページのURLのみを取得したい場合もあるかと思います。

その場合は、get_author_posts_urlを使えば、簡単にアーカイブページのURLを取得することができます。例えば、プロフィール画像にリンクを付けたい場合は、以下のように記述します。

<a href="<?php echo get_author_posts_url( get_the_author_id() ); ?>"><?php echo get_avatar( get_the_author_id(), 100 ); ?></a>

get_author_posts_urlで取得したURLをechoでa要素の中に出力してあげます。

プロフィールを出力するのに便利なテンプレートタグ「the_author_meta」

the_author_metaは、様々なプロフィール情報を表示することができる便利な関数です。

例えば、「ブログ上の表示名」を表示したい場合、以下のように記述します。

<?php the_author_meta('display_name'); ?>

author.phpなどのアーカイブページで表示させる場合は、以下のように第2引数に$authorを指定します。

<?php the_author_meta('display_name',$author); ?>

表示できる情報は、以下の通りです。表示したい値(上記ではdisplay_nameの部分)を指定してあげます。

  • user_login
  • user_pass
  • user_nicename
  • user_email
  • user_url
  • user_registered
  • user_activation_key
  • user_status
  • display_name
  • nickname
  • first_name
  • last_name
  • description
  • jabber
  • aim
  • yim
  • user_level
  • user_firstname
  • user_lastname
  • user_description
  • rich_editing
  • comment_shortcuts
  • admin_color
  • plugins_per_page
  • plugins_last_view
  • ID

上述した内容と被る部分もありますが、the_author_metaだけでこれだけの情報をカバーできるのはありがたいですね。the_author_metaの詳細については、Codexをご参照ください。

あとがき

色々なプロフィール情報を表示する方法を紹介させていただきました。記事ページでプロフィール情報を表示したいケースは結構あると思いますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。