リダイレクトを管理することができるWordPressプラグイン「Redirection」

リダイレクトを管理することができるWordPressプラグイン「Redirection」

リダイレクトを管理することができるWordPressプラグイン「Redirection」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • ベテランカードホルダーが厳選したおすすめのクレジットカード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Redirectionは、WordPressサイトのリダイレクトを管理することができるプラグインです。専門的な知識がなくても、簡単にサイトのリダイレクト処理を管理することが可能です。

スポンサードリンク

Redirectionのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. Redirectionをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Redirectionプラグインを有効化します。

Redirectionの設定

プラグインを有効化したら、[ツール] – [Redirection]にアクセスします。[Options]タブでRedirectionの設定を行います。

Redirectionの設定

Plugin Support プラグイン作成者に寄付をしたらチェックを入れます。
Redirect Logs リダイレクトのログをどれくらいの期間保持するか選択します。
404 Logs 404エラーのログをどれくらいの期間保持するか選択します。
Monitor changes to posts 記事のパーマリンクを変更した場合の転送処理を選択します。
RSS Token RSSリーダーからアクセスするためのトークンが表示されます。
Auto-generate URL 不明

よくわからない項目もありましたが、設定するのはログの保存期間くらいで、あとはデフォルトで良いと思います。

リダイレクトの管理

[ツール] – [Redirection]にアクセスします。[Redirects]タブで、リダイレクト設定を追加します。

「Add new redirection」に設定したい内容を入力していきます。

Source URL 転送元のURL
Match 一致条件
Action 条件に一致した場合の処理
Regular expression 正規表現使用の有無
Target URL 転送先のURL

例えば、http://hogehoge.comからhttp://foo.netにリダイレクトさせたい場合は、以下のように設定します。

Source URL http://hogehoge.com
Match URL only
Action Redirect to URL
Regular expression チェックなし
Target URL http://foo.net

上記のように設定することで、http://hogehoge.comにアクセスした場合、http://foo.netに自動的にリダイレクトされるようになります。

注意点

Redirectionは、WordPressのパーマリンク設定が”デフォルト”になっていると、正常に機能しません。機能させるには、パーマリンク設定をデフォルト以外に変更する必要があります。

パーマリンク設定を変更すると、各記事のURLが変わるので、十分に検討してから変更しましょう。

あとがき

管理画面上から設定できるので楽ですね。.htaccessで設定するの面倒だなーとか、ファイルの変更はしたくないなーという方は、ぜひお試しください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。