taxonomy.php内でタームの情報を出力する方法

taxonomy.php内でタームの情報を出力する方法

taxonomy.php内でタームの情報を出力する方法
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 成人期「発達障害」情報サイト・発達障害に関わる体験談募集中!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

taxonomy.phpは、タクソノミーのアーカイブページを構成する時に作成するテーマファイルですが、このtaxonomy.phpで表示しているアーカイブページでターム情報を取得して出力する方法についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

taxonomy.php内でタームの情報を出力する方法

タームのスラッグを出力する

表示しているアーカイブページでタームのスラッグを出力するには、以下のように記述します。

<?php echo $term; ?>

表示しているアーカイブのタームスラッグが出力されます。

タームのタイトルを出力する

タームのタイトルを出力するには、以下のように記述します。

<?php single_term_title(); ?>

taxonomy.phpの見出しに追加しても良いですね。

タームの説明を出力する

タームの設定で入力している「説明」を出力するには、以下のように記述します。

<?php term_description(); ?>

各アーカイブページで出力を変えるために、見出しの下などに出力すると良いですね。

タームの情報をまとめて取得する

get_queried_objectを使えば、タームの情報をまとめて取得することもできます。

<?php
$term_object = get_queried_object();
echo $term_object->slug; // タームのスラッグ
echo $term_object->name; // タームのタイトル
echo $term_object->description; // タームの説明
?>

あとがき

タームの情報を出力することで、ユーザーが何の一覧を見ているのか認識しやすくなりますね。アーカイブページの作りこみは厳かになりがちですが、細かい配慮がユーザビリティの向上に繋がります。より良いサイト作りの参考にしてもらえると幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。