WordPressで参照しているページのURLによって条件分岐させる方法

WordPressで参照しているページのURLによって条件分岐させる方法

WordPressで参照しているページのURLによって条件分岐させる方法
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 次世代の暗号通貨投資法!初心者でも!どなたでも年利36.27% ⁉︎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressには色々と便利な条件分岐タグが用意されています。

ただ、「参照しているページのURLに含まれる文字列」によって条件分岐させたい時は、用意されている条件分岐タグでは分岐させることができません。

そこで今回は、参照しているページのURLに含まれる文字列を識別して、条件分岐させる方法を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

参照しているページのURLによって条件分岐させる方法

テーマファイル内の分岐させたい箇所で、以下のように記述します。

<?php $url = $_SERVER['REQUEST_URI']; ?>
<?php if(strstr($url,'条件となる文字列')): ?>
条件となる文字列が含まれる時の表示
<?php else: ?>
条件となる文字列が含まれない時の表示
<?php endif; ?>

1行目で参照しているページのURLを$urlに代入し、2行目で条件となる文字列が含まれるかチェックします。

例えば、URL内にwordpressが含まれる場合はwordpress.jpgを表示し、含まれない場合はnot-wordpress.jpgを表示したい場合、以下のように記述します。

<?php $url = $_SERVER['REQUEST_URI']; ?>
<?php if(strstr($url,'wordpress')): ?>
<img src="wordpress.jpg">
<?php else: ?>
<img src="not-wordpress.jpg">
<?php endif; ?>

このように記述することで、wordpressがURLに含まれる場合はwordpress.jpgが表示され、wordpressが含まれない場合はnot-wordpress.jpgが表示されます。

あとがき

URLによって分岐させたいことって結構あるのではないでしょうか。

覚えておくと役立つと思いますので、ぜひ参考にしてください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

One thought on “WordPressで参照しているページのURLによって条件分岐させる方法

  1. Pingback: 【Wordpress】条件分岐について(URL指定) | ロックストリーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。