WordPressを手動でアップグレードする手順

WordPressを手動でアップグレードする手順

WordPressを手動でアップグレードする手順
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 一式98,000円~の格安プランをご用意!Web制作お任せください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPress の更新は、自動アップグレードをすればワンクリックで終わりますが、自動アップグレードができない環境もあります。

そこで、今回は WordPress を手動でアップグレードする手順について紹介したいと思います。

スポンサードリンク

データベースとファイルのバックアップ

まずは、データベースとFTPサーバー上にアップロードされたファイルをすべてバックアップしましょう。データベースのバックアップは「WP-DBManager」を使うと楽です。

FTPサーバー上にアップされたファイルは、バッチファイルを作って定期的にバックアップしておくとよりいいですね。

アップグレードしたときに何かあると困るので、バックアップは必ず取りましょう。

プラグインの停止

アップグレードする前に、利用しているプラグインをすべて停止しておきましょう。停止しても設定情報は残ります。

新しいファイルのアップロード

  1. WordPressの公式サイトから最新版の WordPress をダウンロードします。
  2. wp-config.php と wp-content/ 以外のファイルとディレクトリを上書きアップロードします。
  3. /wp-content/languages/ ディレクトリも上書きアップロードします。

update-core.phpの実行

http://あなたのサイトURL/wp-admin/update-core.php にアクセスして、WordPress のアップグレードを実施します。

プラグインの再有効化

アップグレード前に停止したプラグインをすべて有効化します。

これで手動アップグレードの手順は完了です。

あとがき

自動アップグレードよりはちょっと手間ですが、難しくはないですね。

もし何か問題が発生したら、速やかにバックアップから復元して元に戻しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。