CSSで疑似要素のcontentプロパティ内に改行を入れる方法

CSSで疑似要素のcontentプロパティ内に改行を入れる方法

CSSで疑似要素のcontentプロパティ内に改行を入れる方法

::beforeや::afterなどの疑似要素で、contentプロパティ内に改行を入れる方法をご紹介いたします。

後述するサンプルはごくごく簡単な例ですが、応用すれば色々と幅が広がると思います。

スポンサードリンク

疑似要素のcontentプロパティ内に改行を入れる方法

例えば、以下のようなHTMLがあったとして、”こんにちは”の前に「田中さん」と入れたいとします。

<p class="hello">こんにちは!</p>

CSSで以下のように記述すれば、田中さんというテキストが前に追加されます。

.hello::before {
  content: '田中さん';
}

↓こんな感じですね。

content内に改行を入れたい場合、改行を入れたい箇所に「\A」を追加し、「white-space: pre-wrap;」を指定してあげます。「\A」は改行コードです。

.hello::before {
  content: '田中さん\A';
  white-space: pre-wrap;
}

すると以下のように、”田中さん”と”こんにちは”の間に改行が入ります。

「white-space: pre-wrap;」は「white-space: pre;」でもOKです。ただし、”pre”にした場合は横幅に合わせて改行されないので、今回は”pre-wrap”でご紹介させていただきました。

あとがき

CSSのみで改行を実装したい時は、ぜひ参考にしていただければと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。