いい感じに文字詰めをしてくれるCSSプロパティ「font-feature-settings」

いい感じに文字詰めをしてくれるCSSプロパティ「font-feature-settings」

いい感じに文字詰めをしてくれるCSSプロパティ「font-feature-settings」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • Youtube動画変換・ダウンロードおk!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

font-feature-settingsプロパティは、CSSを1行追加するだけで、いい感じに文字詰めを行ってくれるプロパティです。

文字詰めを調整するプロパティといえば、letter-spacingが思い浮かびますが、letter-spacingだとすべての文字が指定した値で均一に調整されます。

それに対してfont-feature-settingsは、文字の種類や記号などで詰める幅を自動で調整してくれます。そのため、自然な文字詰めを実現することが可能です。

スポンサードリンク

いい感じに文字詰めをしてくれるCSSプロパティ「font-feature-settings」

font-feature-settingsの使い方は簡単で、文字詰めを行いたいセレクタに以下のCSSを追加するだけです。

p {
font-feature-settings: "palt";
}

ちょっとわかりにくいかもですが、左が文字詰めあり、右が文字詰めなしの場合です。以下の例では見出しも文字詰めしています。

font-feature-settings比較

カギ括弧などの記号も詰まっているのが確認できますね。文字が詰まり過ぎていると感じる場合は、letter-spacingで微調整しましょう。

font-feature-settingsに指定できる値

font-feature-settingsに指定できる値は、以下の通りです。

normal 初期値(文字詰めなし)
palt 全角英数字以外は、記号なども含めて文字詰め
pkna ひらがなとカタカナのみが文字詰め
pwid 句読点以外は文字詰め。全角英数字は半角に変換

それぞれに特徴がありますが、paltが無難といったところでしょうか。

font-feature-settingsを使う場合の注意点

注意点としては、フォントの種類によってはfont-feature-settingsを指定しても効かないということです。上記の画像は游ゴシックで試していますが、メイリオの場合はfont-feature-settingsを指定しても何も変わりませんでした。

また、Opera Mini以外の最新ブラウザには対応しています。

font-feature-settingsの対応ブラウザ

あとがき

自動でいい感じに詰めてくれるのは良いですね。文字詰めをCSSで調整したい場合はぜひお試しください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。