jQueryで要素を削除する色々な方法「remove()・empty()・unwrap()」

jQueryで要素を削除する色々な方法「remove()・empty()・unwrap()」

jQueryで要素を削除する色々な方法「remove()・empty()・unwrap()」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  • 広告主様募集中
    ワンコインで広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

jQueryを使って要素を削除する方法をご紹介いたします。要素を削除するといってもremove()やempty()など、色々な方法がありますので、それぞれの違いについて解説したいと思います。

スポンサードリンク

jQueryで要素を削除する色々な方法

HTMLはシンプルに以下のようにします。


<div id="parent">
  <p id="child">子要素</p>
</div>
<button id="delete">要素を削除</button>

要素ごと削除するremove()

remove()を使うと、指定した要素毎、子要素も含めて削除します。


<script>
$("#delete").on("click", function(){
  $("#parent").remove();
});
</script>

「要素を削除」ボタンをクリックすると、HTMLは以下のように変化します。


<button id="delete">要素を削除</button>

#parentと子要素がすべて削除されていますね。

要素の中身だけを空にするempty()

empty()を使うと、要素の中身だけを空にします。


<script>
$("#delete").on("click", function(){
  $("#parent").empty();
});
</script>

削除ボタンをクリックすると、HTMLは以下のように変化します。


<div id="parent">
</div>
<button id="delete">要素を削除</button>

#parentの中身、つまり子要素だけが削除されているのがわかりますね。

親要素のみを削除するunwrap()

unwrap()を使うと親要素のみを削除し、指定した要素は残します。


<script>
$("#delete").on("click", function(){
  $("#child").unwrap();
});
</script>

削除ボタンをクリックすると、HTMLは以下のように変化します。


<p id="child">子要素</p>
<button id="delete">要素を削除</button>

親要素である#parentのみが削除され、指定した#childは残ります。

あとがき

jQueryを使った色々な要素の削除方法についてご紹介いたしました。それぞれ挙動が異なるので、状況に合わせて使い分けましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。